韓国人は山女で日本を知る

日韓関係が最悪といわれる今、大石明弘著『太陽のかけら』が韓国で出版されることになりました。

“그녀의 에너지가 여러 사람들에게 전해지길” by mountainjournal 2019.10.18

Tai_20191119144001

上記リンク記事では著者の大石氏が訪韓、インスボンやソニンボンを出版関係者らと登り交流する様子が報じられています。

韓国の翻訳者は、日本の登山界に精通したキム・ヨンド氏。

氏は韓国では「親日派」と呼ばれています。まことに残念ながら、韓国で親日とは、日帝時代に協力した裏切り者という蔑称。

キム・ヨンド氏は大島亮吉の本で登山に目覚め、韓国初のエベレスト登山隊隊長を務めた韓国登山界の重鎮。日本の山岳書に関しては古典から山野井泰史氏の著書まで熟知。韓国の冒険家が史上初と銘打ってグリーンランド縦断を行った際には「日本の植村直己が既に達成している」と韓国メディアで主張した気骨ある、日本の良き理解者。これ以上の翻訳者はおられますまい。

 この韓国語版『太陽のかけら』を出版する「ハルジェクラブ」なる団体。

 以前から韓国ではベルナデット・マクドナルド女史の著作はじめ、ジョン・ポーターによるアレックス・マッキンタイアの伝記『One day as  a tiger 』などの山岳書が凄いペースで韓国語訳されており、版権取得などどうなっているのか不思議でした。

 このハルジェクラブなる団体は大韓山岳連盟のメンバーを中心に会員制で資金を集め、その資金を元に欧米で出版されている優れた山岳書、古典、最新本問わず次々と翻訳、韓国国内に送り出していました。

 韓国には山岳書を専門に扱う「韓国山書会」も存在します。日本人と韓国人の気質を巡って「集団戦は日本人が得意」などと言われますが、山の本に関して日本人は韓国人に一歩も二歩も遅れをとっていると言わざるをえません。

 さて日韓関係が悪化し始める2019年始め、日本のメディアではチョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン』という小説がとりあげられ、韓国社会の様子が話題になりましたが、同時期に韓国メディアで話題になっていたのは、韓国語版が出版された湊かなえ著『山女日記』。

Kim Yama_20191119145901

私は『82年生まれ・・・』は未読ですが、山女日記の方は再読してみました。

 アマゾンでも賛否が両極端に分かれた「山女日記」、読んで私も「女はめんどくせえ」と思う一方、兼業ガイドの私でもツアー中の女性たちの様々な人間模様をみてきたので「まあ、あんな話もあるよな・・・」とも感じています。何より、山のフィクションでありながら自分のロープ切ったりせず(笑)誰も死なないところがいいです。

 ちなみに湊かなえ氏は、この「山女日記」韓国語版出版のため、渡韓し韓国メディアからインタビューを受けています。

 来年初め韓国で出版予定の韓国語版『太陽のかけら』、そして既に話題の韓国語版「山女日記」。

 韓国の一般市民が登山に関わる日本女性を通じて、フィクション、ノンフィクションの両方で日本社会を知るというのは興味深いことです。

| | コメント (0)

【悲報】ミック・ファウラーが

癌を克服し、人工肛門を付けた身体でヒマラヤの困難な峰に挑むミック・ファウラー。

今秋、ビクター・サンダースと共にインド・シッキムヒマラヤChombu(6362m)に2度目の遠征に赴きました。

経験深い二人ですら「今までにない」と言わしめる長い悪天続きに悩まされながらも、山頂260mと迫ります。

そこで二人が襲われた災難、それは

To

食 中 毒 による下痢と吐き気でした。

Food poisoning stymies Mick Foler's and Vic Saunders's second Chombu attempt   by grough 2019.11.11

 

Cho_20191112233301

2度目の遠征となるChombu北壁(中央左の壁)

 二人は9月末にイギリスを発ち現地に飛びますが、「モンスーンのような」悪天続き、さらにアプローチ途上の橋が流されるなどの障害が発生。それらを乗り越え、10月10日に北壁に取り付き、4日かけて6100m地点に到達。

 山頂までは容易な斜面を残すのみとなったところで、口にしたフリーズドライ食品が原因の食中毒と思われる下痢・嘔吐に襲われたとのこと。

幸い二人は無事にベースに帰還、2日間の休養で回復。既に二人はイギリスに帰国しました。

ミック・ファウラーいわく、

「天候も、コンデションも、許可証取得の雑事もひどいものでしたが、不思議なことに、私達はいつかまた再訪すると感じてます。シッキムにはとても特別な想いあり、チョンブにはとても思い入れがあります。

 遠征で最も重要な、そして勇気づけられたことは、オストメイト(訳者注 : 人工肛門を付けた人)であることは、まったく妨げにならないということです。

 前回の遠征は天候に登山活動を妨げられましたが、今回は高高度で十分な時間を過ごしました。いつものようにバーグハウスのギアは非常に優れた性能を発揮し、人工肛門を使用しても支障ないことがわかりました。ですからチョンブについての失望はさておき、ヴィックと私はもう将来のエキサイティングなプランを決めています。」

 オストメイトでありながら食中毒もなんのそのでヒマラヤの壁に向かうミック・ファウラー。次の計画が期待されます。

| | コメント (0)

後ろを振り向いてはならない。 真室川町 病追い(やまいぼい)

11月9日夜、山形県 真室川町 ふるさと伝承館へ。

真室川町平枝地区で現在も続けられる伝統行事『病追い(やまいぼい)』を見学させていただく。

家の中に「病」が入らないように、家の中の「病」を追い払うために、餅をつき、餅を入れた藁人形を集落外れの水田に置いてくるという伝統行事です。

P1_20191119132801

 真室川町教育委員会を通じて地元区長様にもご紹介いただき、行事が始まる18時に訪れてみると、大人たちによる餅の杵つきが始まる。

P6_20191119133201

大人たちの手であらかた「こね」「杵つき」が終わってから、子供達による餅つき。

P2_20191119133301

つきあがった餅は藁つとに入れ、藁人形に背負わせる。

P5_20191119133401

 藁人形は2体作られ、子供達が持つ。

 この集落の子供達が行列を作り、一度集落の端まで移動。

 それから番楽の演奏と共に夜の集落を練り歩きます。さすが番楽の盛んな地区、先ほどの餅つきで「腰が痛い・・・」「明日筋肉痛だな・・・」とつぶやいていた若いお父さん方も、行列ではキリッとした表情でお囃子の横笛・太鼓を鳴らしていて格好いい。

 カメラが不調のため完全に収録できなかったが、餅つきから行列が練り歩くまでを動画に記録しました。

  夜の闇の中、刈り取り後の水田に棒を立て、藁人形を固定します。

 皆が「ほーっほーっ」と叫び、誰かが「ああ、これで病が飛んでった」とつぶやきました。

 それから大人達が子供達に

 「戻るぞー、絶対 う し ろ ふ り む く な よ ー!

 そうです、藁人形をたてた後は後ろを振り向かずに戻らなければならないという禁忌があるのです。私は見学のため、行列の最後を歩いていましたが、皆一斉に振り向かず、ふるさと伝承館にもどっていきます。

 「病」という「悪いモノ」を集落の外に追い出し、絶対に振り向かずに戻ってくるという習わしに、黄泉の国を訪れたイザナギの神話を連想させられます。

 地元の方に伺うと、藁人形はそのまま朽ちるに任せて放置しておくとのこと。基本的に「病」を封じ込めた藁人形なのであまり縁起の良いものではないらしく、地元の慣習を知らない新任の若い先生が、歩くスキーの授業で藁人形の立つ水田に近寄りそうになり、みんなが慌てて止めた、なんてエピソードもお話してくださいました。

 今回の行事、餅つきで用いた餅米は5升。行列が戻ってからは地区皆さんの直来となり、私は行列の見学にとどめさせていただき、退出。

 古い伝統行事が地区総出で大事にされている姿に感銘を受けた夜でした。

| | コメント (0)

神田神保町 ろしあ亭 

平日に公休取得、セックスと暴力に彩られた街・東京へ。

午前中に野暮用を済ませ、午後からは所属するガイド協会の会議。

その前に神田神保町でランチ。

Ru1ランチセットのボルシチと、

Ru2

白いビーフストロガノフでエネルギー充填。丸いのはライスではなく蕎麦の実。

 中学生の頃からオストロフスキー『鋼鉄は如何に鍛えられたか』やレルモントフ『現代の英雄』に親しんでいた私は、社会人になって東京に行く機会の度、ロシア料理店に通った。

 でも、パミール高原で高所登山の経験があるTさんいわく、「ロシアの黒パンは最低だ。あれだけは二度と喰いたくない。」と私の夢をぶちこわしてくれた(笑)。

 そのTさんもK2登頂を夢見ながら病に倒れ、世を去った。

 東京のロシア料理で腹ごしらえしてから、重たい課題が待ち受ける午後の会合へ出発。

| | コメント (0)

ロベール・パラゴ逝去

フランスの名登山家、ロベール・パラゴ(Robert Paragot )氏が10月24日、癌のため亡くなりました。92歳の生涯でした。

Paragot

ロベール・パラゴ氏近影

日本では『ザイル仲間の二十年』という書籍でその存在を知った方も多いかと思います。

Para3

 1927年フランス・パリ近郊のビュリオン出身、農家育ちで14歳から山を始め、フォンティーヌブローの岩場で技術を磨いてきました。

 1950~60年代にかけてリュシアン・ベラルディ二という素晴らしいパートナーを得てグラン・カピュサン東壁・北壁にルートを拓き、アコンカグア南壁登攀、さらにはムスターグ・タワー、ジャヌー登頂を果たします。

860_jannu

ジャヌー山頂に立つロベール・パラゴ 

1971年には隊長としてマカルー西稜(ウエスト・ピラー)にトライ、ヤニック・セニュール、ベルナルド・ミュレを山頂に送り込みました。

その後はフランス山岳会会長などの役職をつとめ、2012年にはその高所登山におけるクライミングの成果からピオレドール生涯功労賞(ワルテル・ボナッティ賞)を受賞しました。

Grand

グラン・カピュサン北壁を登攀中のロベール・パラゴ

 その逝去をフランス各紙がとりあげていますが、その多くが「パリジャン」パリを愛した山男として報じています。

 フランス・シャモニを拠点に活躍する仲間達とは異なり、パリという街を愛した彼は山岳ガイドの道を選ばす、自動車修理工を経てタイプライター職人として生計を立て、数々の岩壁を陥していきました。

 偉大な登山家の逝去に、哀悼の意を表します。

| | コメント (0)

ヤマガタダイカイギュウと化石掘り 2019

山形県朝日少年自然の家の企画事業『ヤマガタダイカイギュウと化石掘り』にサポーター参加。

Dsc00823 今年も山形県朝日町のヤマガタダイカイギュウ発掘現場の見学から始まる。

Dsc00826

山形県立博物館の小林先生をお迎えして、珪化木の解説。この後、子供たち皆でチゼルハンマーで珪化木を叩いてみました。

Dsc00829

周辺の地質状況解説の間も、「化石掘りまだ?」と待ちきれない子供たち。小林先生から安全面の注意を受け、露頭に移動。さあ、子供たちのお待ちかねの時間。でも毎年思いますが、子供たちより親子参加のお母さん方が化石採掘に夢中になってます。

Hand

 掘り出した化石は小林先生にその場で鑑定してもらいます。軍手も外し、子供たちの手(右)は泥だらけ。小林先生はどんな化石でも、たとえそれが化石ではない、火砕流に巻き込まれた岩石でも、掘り出した石の意義・意味を解説してくれるので小さな子供たちも保護者の方も喜ばれていたようです。

Dsc00831

 私の掘り出した化石の一つ。二枚貝の稚貝が多かったです。所員の工藤さんはハマグリ級の大物二枚貝をゲット。たとえ一部でも、巻貝の化石は子供たちも大喜び。

Dsc00833 化石掘り終了後は、参加者の皆さん親子同士で弁当昼食。

Dsc00834

 昼食会場の一本松公園からの椹平の棚田を望む。亡き人をめぐる出来事が多すぎた今月、久々に子供たちを相手にして精神的に生き返る思い。化石もまた、死んだ生物の「生痕」なのだが、まあ難しいコトを考えるのはよそう。曇りがちの空から差し込む日差しの下で、私達は穏やかな時間を過ごした。

----------------------------------

  例年、朝日少年自然の家でも最も人気のある企画事業の「化石掘り」。今年は受付開始直後から自然の家の電話が鳴りやまなかったとのこと。申し込み希望の方は受付開始後に速攻で電話するのが吉です。

| | コメント (0)

米とパン

田沢湖の帰り、国道46号線を走っていると『みそたんぽ』の文字。

Img_4308

おおっ我慢できん!

というわけで1本お買い上げ(300円)。長四郎・森の駅店にて。

注文すると、店のおばちゃんが囲炉裏にぶっ刺してある「みそたんぽ」をあらためて炭火でこんがり焼いてくれます。

Img_4309

串はぶっとい(たぶん)秋田杉。食べているとほんのり杉の香りがします。みそたんぽの米も結構なボリューム。

さらに山形に帰る途中、腹が減ってきたので、秋田県大仙市に6月オープンしたばかりのブーランジェリー ルロンに寄り道。

Img_4312

 食パンが店のウリらしく、私の後から来た若い夫婦は「食パンありますか?」「すみません、売り切れで次の焼き上がり1時になります」というやりとり。

 私は「焼きカレーパン」と「粒三昧あんパン」を購入。

Img_4313

 粒三昧あんパンはパンというよりも小ぶりの饅頭という印象。なんかパン生地が薄いのだ。大手メーカーヤマザキのあんパンって、大量生産食品だけど、あんとパンのバランスが絶妙だとあらためて思う。

 激ウマだったのは「焼きカレーパン」。売り場に「甘辛カレー」と書いてあったけど、そのとおり、食べた瞬間は甘口カレーの味わいなのだが、後からジワジワと辛くなる不思議なカレーパン。最初は甘いが後から辛い。まさに秋田美人のようなカレーパン(え?僕何か変なこと書いてます?)

 ぶっちゃけ、最近巡ったパン屋のカレーパンって「山形牛」だの「米沢牛」だの具材で勝負するパンが多い中、ここのカレーパンは肝心のカレーが美味いのでお勧めです。秋田の山帰りにどうぞ。

| | コメント (0)

生者と死者の間

Img_4307

19日、大雨・暴風の中、田沢湖へ。

JMGA加入以来、18年組織を共にしたガイド仲間が山で亡くなる。

兼業ガイドの悲しさ、捜索にも葬儀にも駆けつけられず、ようやく今日、弔問。

 今月は高校山岳部の先輩のお父様が亡くなり、さらに亡父の七回忌を迎え、法要は家族だけで済ませるべく、父方の親戚への根回し、寺の法要手配等々。メディアでは台風19号で亡くなった遺族の話題が連日続く。

 その一方で、娘は進学に備えて美術系予備校の講習会に通うため、私が毎晩迎えに車を走らせる。

 逝く命、見送る死者と、開かれた未来がある世代の間を、私はウロウロするだけの1ヶ月。

| | コメント (0)

【レビュー】ストームゴージュアルパインパンツ

ファイントラック社のストームゴージュアルパインパンツを購入。

Ft3 

左が従来愛用してきたストームゴージュパンツ、右がストームゴージュアルパインパンツ

 FT社のストームゴージュアルパインパンツを購入。
 以前はフランスのアイダー社のパンツを登山用だけでなく普段着としても着用していた。アイダー社製品が日本から撤退、入手できなくなり、生地もゴムも劣化してしまった。

 アイダーのパンツにとって代わったのがFT社のストームゴージュパンツである。生地がゴワゴワするという方もおられるが、私は登山用だけでなく普段着としても利用している。さすがに傷みが目立ってきたので、今回はストームゴージュアルパインパンツを新たに購入。

 早速、悪天下の古寺鉱泉~大朝日岳往復で使用してみた。

 驚かされたのが、生地の撥水能力。

Ft1

 登山口から歩き始めて6時間後のパンツ生地をマクロ撮影したもの。天候は小雨~霧雨の繰り返し。風が吹いていたため、常に雨粒が身体に吹き付ける状態だった。

 新品ということもあろうが、雨粒を一切通さない撥水能力を保つ。

 私は登山において、よほど強い雨でないかぎり雨具のズボンは着用しない。ガイド山行ではお客様から「ガイドさん、下履かないんですか」と心配されるほどだ。理由は単純、汗かきな私は雨具のズボンを着用しても結局身体が発する汗でずぶ濡れになること、足回りがブカブカするのが嫌だということに由来する。

 これだけの撥水能力があれば、雨具の下を履かない私には大変便利なパンツとなる。

 さらに特筆すべきは、ストームゴージュパンツに比較して太股のベンチレーターが大型な点である。

Ft4

左がストームゴージュパンツのベンチレーター(FT社の用語ではリンクベント)、右がアルパインパンツのベンチレーター

大型ベンチレーターの効果だろう、風を受けると太股・膝周りの空気が動いていることを実感する。

これらの撥水能力、ベンチレーターのおかげで、先日の大朝日岳往復は一日中、雨具のズボンを着用せず、かつ快適に歩くことが出来た。

難点を挙げるとすれば、

Ft5 ベンチレーターが大型になったため、脚を曲げた際にシルエットが乗馬ズボン並みに横に広がってしまう。私は格好に無頓着な方なもんでさほど気にしないが、人によっては好みが分かれるところだろう。

 所有しての課題は、今後は幾度もラフに洗濯するわけで、どうやって新品同様の撥水能力を保持するか、になるだろう。

Ft2_20191002090601上がストームゴージュパンツ、下がアルパインパンツのバックル

 今後はこのパンツを存分に使い倒したいと思います。

※当初、記事中で別モデルの「ストームゴージュパンツ」を「旧モデル」と誤って表記しておりましたので修正しました。(2019.10.1)

| | コメント (2)

さよなら、古寺鉱泉・朝陽館

P18

今シーズン限りで営業を終える古寺鉱泉・朝陽館に泊まる。営業最後の年のためか、週末はツアー等で予約いっぱいのところ、空いている日曜宿泊で予約成功。明日は古寺鉱泉から会社に出勤である。

P6_20190930233201

2階の部屋に案内され、宿帳に名前と住所を記入。ご主人から、

「あれ、山形市の○○に住んでるの?おれ近くの△△出身なんだけど」

同じ学区の出身ということで話が盛り上がる。

P7_20190930233701

 

同じ学区出身ということで?にこやかに宿の説明をしていただく。窓に置いてある布テープは「カメムシ君」(ご主人談)対策。カメムシがでてきたら、手に触れないようにしてテープに貼り付け、備え付けの袋に入れる。

「まず入浴して汗流しましょう!」

ご主人に勧められ、入浴。

P1_20190930234301

源泉は7.3℃の含二酸化炭素ーナトリウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素泉冷鉱泉。それを沸かしたお湯が幾人もの登山者を癒やしてきた。

一風呂浴びて、夕食までの2時間、のんびり過ごす。

P9_20190930234801

窓からの光景。古寺川の流れる音。

初めて朝陽館に泊まったのはだいぶ以前、ツアー登山がまだ盛んだった頃。

大朝日岳の日帰りツアーから下山し、朝陽館の前に到着した時のこと。登頂できて涙を流すお客様をみて、山岳ガイドという仕事の素晴らしさを知った。

宿泊しなかったものの、ガイド山行で前を通り過ぎる時、これから山頂を目指す緊張感、下山した時の安堵感。

昭和12年築造の朝陽館にいつも見守られてきた。

P2_20191001000401

1階廊下の様子

P3_20191001000501

2階の階段から玄関を望む

P4_20191001000601

黒光りする木造の階段、手すり

P5_20191001000801

2階廊下の様子

P8_20191001000801

部屋を仕切る戸は障子です

P10_20191001000901

アルミサッシの内側、元の木戸の鍵はネジ式

「ちょっと早いですが・・・」

と、ご主人の声がかかり、1階の広間で夕食。

本日の宿泊客は私の他に、ご高齢の夫婦とトレイルランやっているという元気そうな息子さんの親子一組。

P11_20191001001101

ご主人から料理の説明。左下から時計回りに、山ウドの煮付け、大根の山葡萄漬、ワラビおひたし、だし(山盛の中に豆腐)、キクラゲのポン酢あえ、ゼンマイ煮付け、ブナハリタケ煮付け、岩魚塩焼、キノコ味噌汁(すんませんキノコ名前忘れた)、御飯は山形のブランド米つや姫。

 お隣の親子連れは横浜からいらっしゃったとのことで感激しきり。山形県人の私にとってはなじみの食材だが、県外から訪れる山岳部の先輩後輩、お客様には、こういう料理食べさせたかったなあ・・・と後悔の思い。

 夕食を食べていると、女将さんがわざわざ私のところにやってきて、

「大滝さん、山形市から来て十分帰れるのに、お泊まりになるのは、営業最後とかお聞きになったからですか?」

と核心を突かれる質問をいただく。

月山山頂小屋ではガイドとして御厚意をありがたく戴いているが、普段はあまり「山岳ガイド」という身分を振り回したくない。今回も普通の登山者として泊まっていたのだが、話の成り行きで昔ガイド山行でお世話になったことを話す。

女将さん「ガイドですってー!」

ご主人「なんだよー、それ早く言えよー!」

それからはガイド業、ツアー登山を巡る旅行業、朝陽館の今後、新設される登山センターの話で盛り上がる。ご主人の話から、横浜からいらっしゃった親子の方のお話から、いろんなお話。

朝陽館の夕食には、人との出会いがありました。

夕食後は部屋に戻る。

朝陽館の電話は衛星通信電話だ。電波の届かない楽天モバイルのwifiルーター、ガラケー、iphoneはポーチにしまう。気象情報を得るためのラジオも入りが悪い。普段はiphoneに録音しているエピック音楽を聴くのだが、それもここではやめる。

古寺川の水音、かすかに薪を焚く香り。通信手段から閉ざされた、静かな山の宿で、現代メディアの評論書を熟読。

P13

自家発電が止まる夜間、階段をほんのり照らすランプ

P14_20191001004901

しっかり睡眠をとった翌朝、布団をたたみ、ご主人らが朝飯の用意をする前に宿を退出。

さあ、これから会社。今週も現場作業に頑張ろう。

P15

早朝の玄関。さよなら、古寺鉱泉・朝陽館。

| | コメント (0)

紅と蒼

9月29日、古寺鉱泉から大朝日岳山頂を往復。

気象予報では雨だが、前線通過前に登り終えることを目論む。

P1_20190930222801

入山すると、霧雨、時々小雨。こんな日は登山者も少なく、紅葉シーズンにもかかわらず静かな山登り。

P2_20190930223101

ヒメサユリでにぎわった登山道は、今はリンドウが花盛り。所々でトリカブトの蒼色とアキノキリンソウの黄色のコラボ。

P3_20190930223301

稜線に出ると、登山道の周囲も紅葉で彩られる。

P4_20190930223401

ガスで全く眺望もない山は、登山道脇の紅葉を楽しむ。

P7_20190930223601大朝日小屋脇に残るマツムシソウ

P8_20190930223701

小屋に続く稜線は、チングルマの紅色に染まる。

P9_20190930223901

下山途中、ようやく山肌が見えてきた。

古寺鉱泉目指して下山中、足並みのそろった集団に追いつく。先頭のリーダーはブナ林で「樹幹流・・・」を説明している。大朝日のツアーはタイトなスケジュールのツアーが多い中、おおっ、いいなあーと思いつつ、最後尾の方が「追い抜きでーす」と声をかけてくださったので追い抜きしようとしたところ・・・

「大滝さん?」「あれ?」

その集団は毎度お世話になっている月山エコプロのツアー、先頭は近田郁子ガイドだった。

「下見ですか?」と近田ガイドに尋ねられる。

お客様もずらっと並んだところで「会社で精神的に疲れたので大朝日登りに来ました」とはこっぱずかしくて言えないので、

「そうそう」と答える。神様、女性に嘘つきました。ごめんなさい。

その後は私のペースで駆け足で下りる。

今日は自宅に戻らず、古寺鉱泉の朝陽館に泊まる。駐車場で濡れ物・汚れ物を着替え、お泊まり道具を揃えて朝陽館に向かう。

ちょうどそのタイミングで下山してきた近田ガイド一行とすれ違い。

「大滝さん、今日はお泊まりですか?」

近田ガイドに尋ねられ、

「 現 実 逃 避 で す 」

と素直に答える。それから私は今宵の宿、朝陽館に向かった。

P19

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

古寺鉱泉~大朝日岳 登山道情報

一服清水近辺に、9月24日頃の暴風でかなり太い倒木が4箇所にわたり道を遮っています。

乗り越えたりくぐったりして通行に問題ありませんが、倒れたばかりの倒木、手がかりになりそうな折れ残った幹がぐらついたり、足がかりとなる枝が滑りやすくなっていますのでご注意下さい。

| | コメント (0)

エナジーチャージ

あ~ブログ更新サボリにさぼった。

10月も世のため人のため、現場作業員に専念します。

Img_4263

会社の偉い人のカナダ土産、メープルシロップキャンディ。職場のテーブルに置いて皆でつまむ。

本場のメープルシロップの素材を生かして、あまり甘くなくて美味。

Img_4264

福島・会津に仕事で赴いた同僚から買ってきてもらった、おなじみ「堀ドライブイン」の馬刺し。

コレ喰って、今週来週の仕事乗り切ります。

しかし地球温暖化対策の前に、中年女性登山者の元気さを発電か何かに利用できないものか。

| | コメント (0)

百宅(ももやけ)、ダムに沈む集落。

 エコプロの真鍋ガイドをチーフガイドに、期待のホープ伊藤ガイド、オマケの私の3名体制で一泊二日の鳥海山ガイド。

 秋田のモニターツアーということで、1日目は現在計画進行中の鳥海ダムに沈む集落、百宅(ももやけ)をお客様と共に見学・散策する。

 P1_20190927232301

山スキーの帰りの入浴でおなじみ、鳥海山荘でお昼。ミズのムカゴのおひたしに、「あー山に来た」

P2_20190927232301

この光景も、

P4_20190927232401

 この風景も、

やがてダム湖の水に沈む。

過疎化が進む農村ゆえ、反対運動もなく、住民の移転交渉が進んでいる。

私たちは地元の鳥海・飛島ジオパークの方々にガイドされながら、集落を歩いた。

百宅地区にはまだお住まいの方もおられる。ときには、地元の方に暮らしぶりなどを伺いながら。

P5_20190927232401

百宅地区の方が家の前に植えていたマリーゴールド

 過去に当ブログにも書いているが、私はガイド資格を得る前、西日本某県のダム建設現場に1年2ヶ月ほど赴任していた。

 そこは計画から反対運動を経て38年かけ着工となったダムだった。

 人々の営みが消えていく現場を目にするのは2度目となる。

P3_20190927232301

集落の外れに立つ栗と梨の巨木。今年は豊作とのお話のとおり、無数の栗・梨が実っているが、採る者は誰もいない。

 翌日にロングコースの鳥海山ガイドを控えながら、私が山岳ガイド資格を志す遠因となる、ダム現場の日々に思いを巡らせた。

| | コメント (0)

岩谷十八夜観音例祭

8月18日、山形県中山町の山奥に位置する、岩谷十八夜観音の例祭を訪れる。

P2_20190825132001

 この観音堂は眼の病を治す観音堂で知られると共に、山形一帯にかつて存在した『オナカマ』の総本山としても知られる。オナカマとは、いわゆるイタコ、口寄せなどとも呼ばれる、霊を呼ぶ巫女のことだ。

 私の実家の祖母・・・ここでは詳細は省くが、直接の血縁ではない・・・が、かつてオナカマだった。「祖母」は私が生まれる前に他界したので詳細はもうわからない。

P

観音堂裏のガラスケースには、オナカマ達が使った儀式の道具が展示されている。なにか小動物の頭骨を用いた数珠にミステリアスなものを感じる。

P1_20190825133101

私が到着した時には、もう地元の方で境内はいっぱい。

P6_20190825133201 

火渡り儀式の前に、観音堂のご住職が弓で破魔矢を射る。縁起物の矢を手に入れようと、見学者達が我先にと落下する矢に集まる。

P5_20190825133701

護摩談に火が付けられ、ご住職が炭をならし、塩をまき、参拝者が歩きやすいようにさらに材木を敷く。

P7_20190825134001 

そして、つめかけた多くの参拝者が火の上を渡っていく。

破魔矢の儀式から火渡りまでを動画で記録しました。↓

 

私も撮影を終えてから、火渡りの列に混じり渡ってきました。

ここの例祭を訪れるのは今回が2度目。ガイド資格をいただいた頃、中山町の里山を調べているうちにたまたま訪れた行事で、その頃は今のように民俗学にはさほど関心がない時期でした。

今回は、家族のこと、会社の仲間、ガイド仲間の安全、ブログ読者様の安全まで欲張りに願掛けしてきました。

火渡りを終えて帰り際、「大滝さん?」と声を掛けられる。

ふりむくと、先日の某登山用品店様主催のガイド山行で御一緒した顧客のお二人。

「今日は山じゃないんですか?」

 「あ、今日は民俗行事優先です!」

ガイドとして不特定多数の方々と山に行っていると、思わぬところで声をかけられる機会がある。普段の行動も気をつけよう、いやそんなに悪いことしてないけど。

| | コメント (4)

夏休み in 東京

東京で買い物したいという娘のリクエストに応え、娘と共に日帰りで上京。

娘と夕刻の待ち合わせ場所等を確認し、渋谷駅に送り届けた後、上野に戻る。

私の上京の目的は、東京国立博物館の特別展『三国志』の見学。

以前のブログにも書いてますが、前々から三国志好き

T1

 

ユニークにも、日本の横山光輝氏の漫画いわゆる「横山三国志」の原画も展示しながら、2~3世紀の貴重な文化財が展示されている。

待ち時間なく会場に入れたが、結構な混雑。漏れ聞こえる会話から、見学者には中国人も多いようだった。

今回参考になったのは、魏・呉・蜀の三国鼎立時代は現在よりも寒冷な気候で人口も5000~6000万人程度だったということ。

T2

2009年に発掘・実証された曹操の墓の発掘物はじめ、三国志の登場人物で唯一「印」が発見されている曹休の印。

T3_20190818215301

特に印象に残るのは、魏国の竹製の定規。(3世紀) 日本ではまだ場所すら確定できない邪馬台国があったとされる頃、古代中国では高度な文明の下、行政が機能していたことが伺える。

 映画、テレビドラマだけではわからない三国時代の文化財に囲まれ過ごす東京の休日。

T5

東京土産は、横山三国志のクリアファイルです。

| | コメント (0)

«朝日連峰・鳥原小屋で感じたこと