【訃報】チェザレ・マエストリ逝く

イタリアの登山家、チェザレ・マエストリが1月19日亡くなりました。91歳の生涯でした。

御子息のジャン・マエストリがfacebookで公表しました。死因は明らかになっていません。

Il mondo dell’alpinismo piange Cesare Maestri morto a 91 anni by lecconotizie.com2021.1.19

Messner_20210120224301

『宿敵』ラインホルト・メスナーと腕を組んで語り合う晩年のチェザレ・マエストリ

 チェザレ・マエストリといえば、池田常道氏に洗脳された日本のクライマー諸氏はマエストリ=セロトーレ疑惑でしょうが、そもそもは非常に優れたソロクライマーでした。『ドロミテの蜘蛛』と異名を持つチェザレ・マエストリが行った、生涯のクライミング約3500のうち、3分の1は単独登攀と言われています。

 セロトーレ疑惑後のチェザレ・マエストリの動向については、思考停止した日本の山岳メディアはほとんど取り上げていませんが、その後も精力的に登山活動を続け、2002年には72歳でシシャパンマを目指しましたが、ドクターストップで断念しました。

 その逝去をイタリア州政府、また晩年までしつこくセロトーレ疑惑を検証した映画を製作し、家族からクレームを受けていたラインホルト・メスナーも「非常に優れたクライマー」として哀悼の意を表しています。

 当ブログでも以前に取り上げましたが、チェザレ・マエストリ氏はイタリア山岳会の名誉会員であり、ベローナ大学の体育学名誉学位を授与されている地元の名士です。

 一方、山と渓谷社ウェブサイトにおいては『大悪党』という表現まで用いられました。

 遭難事故などで「死者に鞭打つな」とはよく耳にしますが、クライミング倫理に一度でも反した生者は、永遠に石を投げつけられるのでしょうか?

 日本の山岳メディアには再考と猛省を促します。

| | コメント (0)

K2冬季登頂さる

1月16日、現地時間17時、冬季K2の登頂にネパール隊が成功した模様。

メンバーは、

Nirmal Purja
Gelje Sherpa
Mingma David Sherpa
Mingma
Sona Sherpa
Mingma Tenzi Sherpa
Pem Chiri Sherpa
Dawa Temba Sherpa
Kili Pemba Sherpa
Dawa Tenjing Sherpa

の10名です。

8000m峰で唯一冬季未踏だったK2。

その山頂に最初に立ったのは、デニス・ウルブコでも、アレックス・チコンでも、屈強なポーランド人でもなく、シェルパ族を中心とするネパール隊でした。

アルピニズムの歴史を振り返る時、外国人登山家を「支えて」きたシェルパ達が主体的に困難な目標 冬季K2、冬季8000m峰最後の牙城に取り組んできました。

8000m峰登山の一般大衆化と共に、商業登山、高所遠足などと言われながらそれらの登山をサポートし、8000m峰登山で実力を磨いてきたシェルパ達が冬季K2を陥した事は、21世紀のアルピニズムの流れを象徴する出来事だと私は思います。

ひたすらに、全員の無事下山を祈ります。

登頂のニュースとともに、著名登山家セルギ・ミンゴテがK2下部キャンプ間で滑落、意識不明という報道も流れています。

| | コメント (2)

【速報】K2冬季登頂目前か

1月16日、パキスタン現地時間16時現在、ネパールチームがK2山頂直下10~20m地点にて、待機中。仲間たちの到着を待って山頂に立つ模様です。ソースはSkardu.pk。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第8夜

今週は体調も整えてリモート授業に臨む。

「先週は体調不良ですんません!今日はだいじょぶです!」

と、事前に調べた英語で先生に返答し、授業は始まる。

先週から、自己紹介にウェイトを置いた例文の練習が始まっているらしい。

パキスタンの学校制度にそった自己紹介の例文を学び、各受講生に発音させるのだが、その過程で、受講生たちの学歴・・・意欲的な高校生から博士課程を修めた方まで、皆さんのさまざまな経歴を知る。

お気楽お気軽にウルドゥー語を学び始めた私、かなりヤバい気がする。

あっという間の1時間半、先生からは早速来週の宿題を出される。それは

「ウルドゥー語で自己紹介せよ」

20210114_194857

例文のPDFファイルは翌日メールで届き、出張先の見知らぬ街のコンビニでプリントアウト。

ビジホのコーヒーメーカーのエスプレッソ飲みながら、ぼちぼち自己紹介文考えます。

| | コメント (0)

三連休

連休って、僧侶の名前ですか?違うの?

 

20210106_171855

さすらいの現場作業員、1月第2週は福島県某所で過ごす。

 20210107_194638

連休は休養。食卓に上る納豆汁。山形では七草は粥ではなく、納豆汁を食す。

毎年書いてるけど、冬から年度末にかけて忙殺される建設業、山に行く時間をひねり出さなければ。

20210111_110355

マウスが調子悪くなり、息子のゲーミングマウスでごまかしていたが、使いやすさを優先し新規購入。

出張が多いので、店頭で薄型タイプを試してみたがしっくりこない。握りやすさと図書館で使用することも想定して静音・有線タイプを買い求める。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第7夜

20210102_080501

今朝は3時起床で会社駐車場の除雪に出動。

微妙な積雪量だったが、溶け残って凸凹になっているので平らにならすためにホイルローダーに乗り込む。

が、エンジンがかからない。

急ぎ工場に車を走らせ、昭和時代に購入された超ウルトラスーパー古いペイローダーで本社に乗り付け、除雪を敢行。

なにぶん古い車体で、冷暖房も無く、床下には隙間が空いている。

気温マイナス3度の中、エアコンの無い車体では窓がすぐに曇る。周囲確認と除雪具合を確認するため、両側のドアを開放して作業しなければならない。寒さに耐えながら除雪完遂。

 

突き刺す冷え込みが身体に来たのか、夕方帰宅してから身体の感覚が何かおかしい。

発熱の、寒気がする直前の何か気だるい感じがするのだ。

本日のウルドゥー語講座開始まであと3分。

気合で今日の授業を乗り切るか。

明日からは福島出張の泊りがけの現場作業がある。仕事をとるか。

 

迷う私のケツを叩いたのは、以前お世話になった愛知学院大学山岳部の重鎮、本郷さんからの言葉

『ヒマラヤ登山で風邪ひくのは、自己管理できてないからですよ』

その言葉を思い出し、もう既に他の受講生のウインドウが開いているzoom画面のチャットルームを開く。

受講生と先生皆にあてて、新年の挨拶と欠席の文言を書き込み、パソコンをシャットアウトして布団をかぶり、寝る。

本日の「ウルドゥー語の夜」は体調不良につきお休み。自分の体優先します。

| | コメント (0)

【訃報】ジョージ・ホイットモア逝去

 新年早々の訃報です。ヨセミテ、エルキャピタン・ノーズの初登者であるジョージ・ホイットモア(George Whitmore)が1月1日、カリフォルニア州のホスピス施設で、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなりました。89歳でした。

George Whitmore, one of the first climbers to reach the top of El Capitan, dies at 89 by SFGATE.com 2021.1.2

 Whitmore-trio

エルキャピタン・ノーズ初登直後のショット。左からウォレン・ハーディング(2002年死去)、ウェイン・メリー(2019年死去)、ジョージ・ホイットモア

 ジョージ・ホイットモアは1931年カリフォルニア州フレズノ出身、カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学を専攻しました。学生時代にクライミングに出会い、大学を卒業後はアメリカ空軍に従軍。退役後、まさにヨセミテではハーフドームが登られ、ウォレン・ハーディングがノーズ登攀を手掛けていた時でした。

 ノーズ初登はもともとのメンバーが次々と諸事情で脱落、残ったウォレン・ハーディングがウェイン・メリーを誘い、さらに2人が仲間に誘ったのがジョージ・ホイットモアでした。

 Climberschat

ハンス・フローリンと対談する晩年のジョージ・ホイットモア

 ホイットモアはノーズ初登において大型アルミ製ハーケンの製作、大量のボルトの荷揚げなど、登るだけでなく多方面にわたりノーズ初登を支えていました。

 同じく1970年代にはツォラミ・メドゥズのカテドラルピーク登攀など生涯にわたりクライミングを続ける一方、薬剤師として生活しながら環境保全にも力を注ぎ、1984年には「カリフォルニア自然法」成立のためロビー活動に活躍しました。

 奥様ナンシーの談話では、コロナウイルスに罹患する前まではとても元気な様子で死去が信じられないとのこと。最期の様子はGrippedで報道されていますが、紹介は割愛します。

『何かで、世界で活躍したかった』それがジョージ・ホイットモアの生前の願いでしたが、エルキャピタン・ノーズ初登という登山界に一大衝撃を与えたクライミングによって、後の世代のクライマー達に影響を与えたことは、十二分に「世界で活躍した」といえるでしょう。

 偉大なクライマーの死去に、哀悼の意を表します。

 

------------------------------------------

20210103_2028311

ノーズ初登の記録本として引っ張り出した、ウォレン・ハーディング著『墜落のしかた教えます』。

同書の後半には、当時のアメリカ登山界の有名人をぶった斬った「ダウンワード・バウンド式ゾーン・システム」という、10段階でクライマーを批評した頁があるのだが、ここでのジョージ・ホイットモア評を紹介しよう。もちろんウォレン・ハーディングの毒舌スパイス入りである。

『ジョージ・ホイットモア ゾーン7

 彼の唯一の現実的な欠点は、驚くほど神経質な点だ。以前は卑しむべきバッツォ(注・ウォレン・ハーディングのあだ名) (及びそれに類した連中)と付き合っていたが、後に賢明にも、経済的、感情的にもっとも安全で、合理的に山を楽しめる仲間と付き合うようになった。』

 「ゾーン7」とは、「今はまったく登攀をしていない過去の人物。今ではまじめに家庭生活にいそしむとか、仕事に打ち込むとか、野鳥でも眺めている人。」

 ちなみに「ゾーン1」は、やたら説明が長いので省略するが、「(略)・・この連中はロッククライミングのことになると、まるで何か深い宗教的あるいは政治的な内容であるかのように(略)狂信的な考え方を持つ傾向がある(略)」 という人物で、同書ではロイヤル・ロビンス、シュイナードがゾーン1に該当する。

| | コメント (0)

2021年元日日記

 午前0時から某地区の民俗芸能の撮影を計画していたものの・・・下見のため大晦日に現地を訪れ、地元の方にお話しを伺ったところ、「コロナ蔓延と踊り手に不幸があって、今年やらないんですよ」とのお返事。元旦はゆっくり起床。

 子供たちにお年玉受け渡しの儀式を済ませ、コンビニに買物。

20210101_162437

 毎年、大晦日と元日はコンビニで全国紙と河北新報、山形新聞のまとめ買い。政治経済の長期的な予測記事が読みたいため。キチガイ左翼の動向と福祉関連記事が充実しているため、朝日新聞もきちんと読みます。

 午前中は各紙熟読。

 午後、老母の待つ実家に行き、子供たちのお年玉受け渡しの儀。

 夕方、のんびり読書していると、カミさんから車がスタックして出られないとSOS。

 20210101_162336

エスコの脱出用ボール紙を敷き、ギアを「S」にしてあっさり脱出。

エスコのボール紙が活躍するのは2度目、1度目はやはり隣家の奥様の車がスタックして救助を求められた時でした。

結構な降雪、明日は会社の除雪当番。早めに寝ます。

| | コメント (0)

謹賀新年 2021

Beef

あけましておめでとうございます。

今年も山でアウトドアで、健康に安全に楽しい時間を過ごせますように。

| | コメント (0)

2020年を振り返って

2020年。

コロナウイルスに翻弄された年。

ウイルスという目に見えない存在のために、こうもあっさりと社会が変わるのか。

頭お花畑な環境保護論者や平和活動家が、声をからして叫んでも、今まで社会は何も変わりなかったというのに。

それが私の正直な感想です。

 

それはさておき、皆様も自分の生活に様々な影響があったことと思います。

私個人的には、長年の目標だったヨーロッパ某峰その他、幾つか計画していた海外渡航が、コロナ禍により実現不能となりました。

じゃあ地団駄踏んで悔しかったかというと、そうでもありません。

今まで、ヒマラヤはじめ海外登山を目指して挫折・断念した経験や、そういった先輩方を多く見てきました。

コロナに勝つとか負けるとかではなく、自分のやりたいことのために、地道に準備を進めるだけです。

 

コロナ禍の中で

ブログタイトルにも載せていますが、私は「兼業ガイド」です。

どちらかといえばガイド業界の中で、兼業ガイドは蔑んだ見方をされてきました。国際ガイド、登攀系ガイドからは耳の痛い言葉を頂戴しました。

しかし今年ほど、兼業ガイドであることの有難さ、ガイド以外に生活費を得る手段がある有難さを痛感した年はありません。

その一方、身近に専業で頑張るガイド仲間・知人がいます。兼業であることの有難さを口にすることもできず、複雑な気持ちです。

旅行社のガイド依頼も激減しましたが、今年は意図して自分から旅行社の依頼は受けまい、と決めていました。

所属するガイド協会の若手の皆さんに機会を譲りたいこと、また、ある事がきっかけで、長年続けてきた大人数のガイドからはもう離れよう、と考えたことが理由です。

アウトプットの巧い若手ガイドの皆さんがウェブ界隈や全国各地で活躍している中、口下手な私が無理してガイドするまでもない。

コロナ禍を機に、あらためて身近な地元の山をもっと登りこんでいきたい。そんな気持ちが大きいです。

 

世界の登山界の方向については、まだまだウェブを通じて見届けたいと考えています。

ヴォイティク・クルティカはじめ、登山を芸術に例える人は多いですね。

今年学んだ、芸術に生きた画家の言葉を掲げておきます。

『芸術はそれ自体、発展することはない。思想が変わり、それとともに表現形式が変わるのである。』 パブロ・ピカソ

 

今年のブログ締めくくりは、いつか必ず自由に旅ができる願いをこめて、中国映画『转山』のPVに合わせ、X-Ray Dogsの楽曲『Free Flight』で締めくくります。(曲が始まるのは0:34からです)

 

皆様にとって、来年は健康で過ごせる素晴らしい年でありますように。

良い年末年始をお過ごしください。

|

八宝堂【山形県上山市】

強烈な寒波襲来の前を狙い、蔵王・刈田岳を目指す。

 

前夜、泥縄式で山スキー板にワックスを塗り、蔵王ライザスキー場の営業開始まもなくリフトに乗る。
蔵王上部は視界不良。
御田ヶ原避難小屋を過ぎたところで、風も強くなった。
何度も登っているコースだからこそ、油断はすまい。素直に退却を決める。

今期購入したファイントラックのメリノスピンライトは快適。今日はライザスキー場駐車場で気温0度とさほど寒くなかったため、汗抜けを重視し、ドライレイヤーベーシックTシャツにメリノスピンライト、歩けばどうせ熱くなるだろうと無雪期用のドラウトセンサージャケットの組み合わせ。行動時間はさほど長くない一日だったが、全く汗冷え無く過ごす。

下界で愛用しているアクションカメラ「MUSON MAX1」は知らないうちにスイッチが入ったか製品そのものの品質か、寒冷下の中でバッテリーが逝ってしまう。

ライザスキー場駐車場まで下山、さあ蔵王マウンテンファームでホットミルクでも飲もうかな・・と車を走らせていると、

20201229_120926

『甘味どころ』という、東北マウンテンガイドネットワーク甘味処担当の私にとってかなり挑発的な幟が立っていた。

気になる!

20201229_120912

というわけで早速寄り道。蔵王に通いなれた方ならわかるだろうが、蔵王エコーラインをしばらく登ったところにある八角形の木造建物がリフォームされてカフェになっている模様。

20201229_120858のれんをくぐり、建物をぐるりと廻ると、

20201229_120827

落ち着いた感じの店構え。

20201229_120805

落ち着いた構えはいいのだが、なんか立派な入口。

「マナー違反した者は、一つ、大事な物を失います。」とか言う案内人が出てきそうな店構え。(昨夜、NHKのTVドラマ『岸辺露伴は動かない』面白かったもんで・・・)

A2

中は木材を主とした内装で、今時の女性にはインスタ映えだかツエツエバエだかする雰囲気。

年末だけの限定メニューもありましたが、迷わず「ぜんざい」注文します。

甘味控えめの餡、味のアクセントになる柚子皮、お口直しの塩昆布の器、ほうじ茶の入った細長い茶碗。

いやあ、いい店見つけた!

ぜんざいとブレンドコーヒーで一息入れ、店を出ようとした時、女性スタッフの方から

「本年最後の営業日にありがとうございました」

「え?、来年はいつから営業ですか?」

「来年の営業は4月頃の再開予定です」

ええ~!?今日訪問したのは運が良かったのか・・来年、新緑の蔵王を楽しむ時に、また来よう。

 

【参考情報 2021年の営業は4月以降とのこと】

八宝堂 山形県上山市蔵王2675-1 営業日 金・土・日 11:00~16:00(L.O.15:30) 駐車場完備

| | コメント (0)

仕事納め

 今年は休暇の分散化ということで30日まで通常勤務体制をとりつつも、26日、会社の大掃除&餅つき。

 分担の清掃を終え、若手社員たちが臼と杵でついている餅を食べに会社寮前へ行く。

20201226_115139

 同じ職場のM香さん(秋田大学 国際資源学部 岩盤工学専攻)、私(立正大学 文学部地理学科 自然地理学専攻)が入社10年めにして5度のトライでようやく合格した技術士一次試験を入社1年目にしてあっさりパスした才女。

 そんな才女でも、雰囲気昭和でブ▲ック企業な我が社では女子社員なので「餅当番」がまわってきたらしい。先週から現場監督の合間に餅の仕込みに追われていた。

 集まった男性社員、皆して

 「これM香ちゃん担当の餅なんだってー」

 「雑煮に使う三つ葉とセリ、どっちでもいいから安い方買ってこいとか言われたらしい」

 などなど、M香情報が流れる中、あんこ餅の餡は、山形名物「あじまん」の餡を使用していることが判明。

 「あじまんの餡なら間違いないよねー」

 「M香ちゃんの餅に失礼な!」

 コロナ禍の中、平和に我が社の仕事納めの日を迎えられることに感謝。

| | コメント (0)

ベーカリーカフェ メリメロ

働き方改革とやらで、年に有休を取る日が決まっている。

上司のK君から「大滝さん、休んでくださいよ」と言われ、目的もなく有休取得。

案の定、午前中は取引先との電話のやりとりで休みにならず、自宅で在宅ワーク。

午後から公立図書館を巡り、所用で西蔵王高原へ。

あまり昼食を食べてなかったので、西蔵王高原に行く途中にあるベーカリーカフェ メリメロに寄り道。

20201225_151355

本日のチョイスは、

20201225_145313

バジル・フランスとコロッケパンです。

1階がベーカリー、2階がカフェという造りの店。

バジル・フランスはバケットを薄切りにしているので食べやすい。コロッケパンは見た目よりもずしりと重く、ボリューミー。

20201225_145432

いつもは自宅で自分で作っていますが、たまには人の作ったカフェオレを飲み、一息入れる。

店の飾りでとても気になったのが、

20201225_150450

アンティークとして置いてある『PARK RANGER FUEL』。

アメリカのメーカーらしく、可愛いパッケージだなあ、と単純な興味からネット検索してみたら・・・アンティーク品として、空き缶なのに国内外で1万円以上してる。ひえ~。

温かいカフェオレで一息入れて、所用のため再び外へ。なんだかんだと年末は忙しい日々。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第6夜

20201222_222914

 ウルドゥー語の母音+子音の組み合わせで発音表を埋めよ。

 そんな宿題が出ていたのだが、ウルドゥー語のアルファベットは単語の頭・中間・語尾の各々で形が変化する。

 まだその変化形も習っていないので、webで発音表を調べるが、これまたウルドゥー語はマイナーなのか、母音と子音の組み合わせによる一覧表が全く無い。

 とりあえずわかった「re」の一列を書き込んで授業に臨む。

 受講生の皆さんもわからなかったのか、空白のまま授業に臨んだ方が多く内心ほっとする。

 本日はひたすら母音の形状変化について学ぶ。

 大学書林の『ウルドゥー語基礎1500語』には

「最初は複雑に思えるが覚えてしまうと後は一字一字を丸々書かなくて済むためかえって楽である。」

 と豪語されているが、いやいや問題はそこじゃねーだろ。その「覚えて」が苦労してるんだってばー!

 

 今日もあっという間の一時間半。来週は授業が無いので、今日が今年最後の授業。

 今秋からウルドゥー語にチャレンジして、アルファベットの難しさだけを思い知らされた授業だった。

 皆さんもだいぶ雰囲気に慣れたのか、授業中もチャットルーム含めて質問が飛び交う。いくつか抱えている質問や授業の要望もメールしよう。ウルドゥー語との死闘はまだまだ続く。

| | コメント (0)

雪国暮らし 除雪当番の朝

山形市内もだいぶ雪が積もりました。


1月に突然の異動で現場作業部門から本社に引っ張られた私。


本社はデスクワークの人間が中心で、除雪に使うホイールローダーを扱える人間が私含め2名しかいないので、雪が降ると交代で駐車場の除雪を担当します。


そんな日常の朝をVlog風にまとめてみました。単純にホイールローダーが右往左往するという動画ですw


 


雪国で暮らす人間の、日常の一コマです。

| | コメント (0)

«ウルドゥー語の夜 第5夜