« 姫神山にて | トップページ | 前すすめ »

さようなら

 このブログで紹介した、兵庫で自然学校やまかぜを主催する山本君が、ヨセミテ・エルキャピタンのノーズ登攀中に亡くなった。
 ヨセミテに季節はずれの嵐が襲来、ザイルを組んだ自然学校スタッフの流郷真理子さんと共に凍死しているのが、救出に向かったレンジャーに発見された。まだ26、27歳の若さだというのに。
 今度のヨセミテ行きも「指導者が自ら感動することが大切」とノーズ登攀を目指し、帰国後には講演の会場、日取も決めた矢先の事故だった。
 これからの野外教育を担い、クライミングもこれからという人材だったのに。
 なにより、彼が子供達に紹介したいと選んだヨセミテの大自然の猛威で命を落としたという事実、なんとも気持ちの整理がつかない。

|

« 姫神山にて | トップページ | 前すすめ »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さようなら:

« 姫神山にて | トップページ | 前すすめ »