« 夢の第一歩 | トップページ | 山形県山岳連盟の山 »

ぴっかぴかの一年生でごわす。

早めにとっとと退社、飯豊の体育館に向かう。
今日の目標はハング越え。移動の運転中も、ムーブをいろいろ考えてみる。

体育館到着はいつも8時前。閉館が9時なので登れるのはたった一時間だが、会社勤めの私には貴重な一時間。
さっそくトップロープで登らせてもらう。
初心者に配慮しているのだろう、ハングの上には戸隠の雪稜のようなばかでかいキノコ型のホールドがいっぱいあるのだが・・・・
思い切って短い足をふりあげ、ヒールフックを決める。
よし、次は上体をひきつけ・・・あう~もう腕がパンプしてるだ~
ヒールフックがきまってるというのに、それ以上登れず・・・。
下からの声援もむなしく、はうふ~とため息はきながら吊り下ろしてもらう。
皆には惜しかったねと言われる。
登れなかったと気落ちするよりも、ヒールフック決められたと言うことで、0.25歩は前進したと前向きに考えよう。
その後は本田さんの娘さんかつらちゃん(小学生)に前傾壁のムーブを教えてもらう。
さらにその後はいつもビレイしてくれている西川山岳会の本多さんから、ザイル(今はロープっていうのか)のまとめ方を習う。まずは気持ちを入れ替え、初心に戻って基礎から学ばなくては。

|

« 夢の第一歩 | トップページ | 山形県山岳連盟の山 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/2169791

この記事へのトラックバック一覧です: ぴっかぴかの一年生でごわす。:

« 夢の第一歩 | トップページ | 山形県山岳連盟の山 »