« 出戻り | トップページ | 正月の朝に »

野生の王国

031102m
私の住む上山市は、人口3万7千人の地方都市である。
自宅アパートは市役所近くの丘の上にある。
名産である「柿」畑を切り拓いてできた造成地だ。

月山からの帰り、アパート敷地内に入ろうとした時だ。
宅地の間にわずかに残っている柿の木の根本に、小さい動物が飛び出した。
大型のネズミで、おそらく野ネズミだろう。
それを追いかけて、テンが飛び出した。私の車のそば、わずか1mほどのところで、テンが野ネズミに飛びかかっている。

道路の真ん中に車を止め、急いでザックから一眼レフをとりだす。
車のドアをあけた気配で、テンは遠のいてしまった。
まだ赤い柿がついたまま刈り取られ山積みされた枝の間にテンは逃げ込んだ。
小さな頭だけ出して私のほうを伺っている。
なかなかでてこないので撮影を諦めた。
枝の近くには、とどめを刺されて痙攣を起こしているネズミが横たわっていた。

住宅街となった今でも、我々の知らないところで生存競争が続いているんだなと認識させられた。

|

« 出戻り | トップページ | 正月の朝に »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/2459165

この記事へのトラックバック一覧です: 野生の王国:

« 出戻り | トップページ | 正月の朝に »