« 似非科学を、憎む。その2 | トップページ | やりすぎだぜハリウッド »

痛いでちゅ

約20日ぶりに飯豊体育館を訪れる。
会社を6時30分前に出て、速攻で飯豊に向かう。
行きの車中で人工壁を何度もイメージし、体育館を訪れるが・・・
あれ?
人工壁のルーフがイメージよりもすんごい高く見える・・・
こんなにこの壁でかいっけか?もう雰囲気に呑まれてるよ、とほほ。
とほほ状態で小野さんにビレイしてもらうが、ルーフ脇で行き詰まる。
「クリップしようとするロープ持ってホールド持たない!」
「それZクリップ!」
と、遠藤さんに下からアドバイス受けながら、登っている時もとほほ状態。
2回テンションかけて御休憩。
「最初にテンションて言葉覚えちゃ駄目!」
壁の上部でセミの如く体が固まり、フォール。
遠藤さんからは
「下と上とでムーブが全然違うんですよね~登り込まないと」
とアドバイス。
小野さんからはクリップのかけ方を実地で教わり、
「今月の岳人で「初めてのフリークライミング」特集があるので読んでみてください」
と言われる。
飯豊の帰り、まっすぐ帰宅せず山形市内の書店に直行。早速岳人誌を購入。

最後にフォールした際、ルーフ角に内股をぶつけた。
アイダーのズボンがぱっくり裂けた。
あとで見てみたら、ナニの脇の内股が黒く腫れ、毛穴から血が滲み出している。
ふー。
まずは体で覚えなくちゃ。

|

« 似非科学を、憎む。その2 | トップページ | やりすぎだぜハリウッド »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/2732354

この記事へのトラックバック一覧です: 痛いでちゅ:

« 似非科学を、憎む。その2 | トップページ | やりすぎだぜハリウッド »