« ブナ雪原たんけん隊日記・2 | トップページ | ブナ雪原たんけん隊日記・4 »

ブナ雪原たんけん隊日記・3

ブナ雪原たんけん隊日記・3
  ヤドリギのひみつ

 冬のブナ林は、ヤドリギがよく目立つ。
 工藤さんの案内で、子供達でも手が届くヤドリギをめざし、スノーシューで歩く。
 志津キャンプ場のあづまや付近にそれはあった。
 身長の低い私でも手が届く位置にヤドリギが成っている。
 工藤さんに促され、ヤドリギの実をみんなで食べてみる。
 昨秋のブナ林ガイド、私が真っ先に覚えたガイドネタがヤドリギなのだが、実を食べるのは初めてだ。
 先頭の私は木の周囲を回りこみ、後続の女の子たちにヤドリギの実をとってあげる。
 みんな恐々として実を口に含む。
 少し甘い味がして、その後は強い粘着性を感じる。
 吐き出そうとしても吐き出せないほどだ。
 そこからヤドリギの実の成り立ち・・・鳥が食べ、排泄した際に種が枝に付着すること・・・を説明してあげる。

 外国ではクリスマスあたりにヤドリギを飾りつけ、ヤドリギの下に立つ人には誰でもキスする習慣があるんだよ・・・と説明しようと思ったが、それではセクハラ変態オヤジに思われそうなのでやめておこう。

ヤドリギの実(画像は山形県朝日少年自然の家よりいただきました)
yado

|

« ブナ雪原たんけん隊日記・2 | トップページ | ブナ雪原たんけん隊日記・4 »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/3231384

この記事へのトラックバック一覧です: ブナ雪原たんけん隊日記・3:

« ブナ雪原たんけん隊日記・2 | トップページ | ブナ雪原たんけん隊日記・4 »