« ブナ雪原たんけん隊日記・3 | トップページ | 山岳ガイド、クックに死す »

ブナ雪原たんけん隊日記・4

ブナ雪原たんけん隊日記・4
 やはり子供って。

 これ以上は望めない最良の天候の下、ラッセルらしいラッセルもなく、博物園にたどりついた。
 ここで昼食となる。
 年に数回の穏やかな日で、激しい雪の中で食事となった昨年、一昨年に比べると子供達の様子にも余裕が伺える。
 サポーターのまっちゃんがブナ林の斜面を利用して滑り台遊びを始めた。
 子供達もわれもわれもと群がってくる。
 皆嬉々として滑り台遊びに興ずる。
 やがて出発の時間となり、滑り台遊びをしなかった女の子グループの様子を見に行くと、彼女達はただひたすら雪面に穴を掘っていた。滑り台や穴掘りなどなど、単純な行為が彼らには面白く感じられるのだなあ、と思う。
 
 私はむしろブナ雪原たんけん隊の日は大荒れになってほしかった。
 楽しむだけではなく、子供達に自然への畏怖の気持ちも感じてほしい。
 帰路、雪面に顔をだした交通標識に大喜びする子供達を見ていると、晴れてくれてよかったなと思い直す。
 自然の家でお世話になる度、子供達と山に入る度、いろんな発見がある。
 自然の家帰着後は、誰もいない和室でストレッチを行い、体をほぐす。
 自分の体も、大切にしなくちゃね。

走る!子供達(画像は朝日少年自然の家よりいただきました)
aruku

|

« ブナ雪原たんけん隊日記・3 | トップページ | 山岳ガイド、クックに死す »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/3231642

この記事へのトラックバック一覧です: ブナ雪原たんけん隊日記・4:

« ブナ雪原たんけん隊日記・3 | トップページ | 山岳ガイド、クックに死す »