« ブナ雪原たんけん隊日記・4 | トップページ | フジサワ原理主義 »

山岳ガイド、クックに死す

ニュージーランド最高峰のクックで邦人登山客が滑落死というニュースが入った。
日本の報道は遅いので直接オーストラリアやNZのサイトを検索する。
現地サイトの報道ではNZ山岳ガイド協会のガイドErica Beuzenbergが客のスリップに引き込まれた形らしい。
エリカ・ブーゼンバーグはクック山の女性冬季初登を果たしていると産経で伝えていたが、さらに経歴を調べてみるとNZの3000m峰冬季全山登頂、93年にはフィッツロイのスーパークーロワールを登攀しているアルパインのエキスパートであった。
その彼女をもってしても、同時登攀のアクシデントに巻き込まれてしまったのか。
あらためて同時登攀の難しさを考えさせられる。
なくなられたクライアント、ガイドの冥福を祈る。

|

« ブナ雪原たんけん隊日記・4 | トップページ | フジサワ原理主義 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山岳ガイド、クックに死す:

« ブナ雪原たんけん隊日記・4 | トップページ | フジサワ原理主義 »