« あの人は今。登山家編その3 | トップページ | 裁判の行方 »

再訪の理由

久々に日本語メディアにエベレスト登場。
スイスの女性クライマーが二度目の登頂を目指しています。
今度は無酸素で。↓

エベレストと批判克服に再びチャレンジ by swissinfo 日本語版 4/25

登山の本場ともいえるスイスで、エベレストの同国女性初登が2001年だなんて、そんなに保守的な土地柄なんでしょうか・・・
でも今時、スイスでも、『酸素ボンベの力を借りて成功したのだから』なんてイチャモンつけるトンチキ野郎っているんだね。まあ日本でも、似たような輩いっぱいいるけど。

 記事引用始まり
 自分が経験したことを言葉にする、という事も私にとって新しい挑戦でした。今までは本能的にその瞬間、瞬間で判断していただけの生活だったのです。でも、自分の経験を言葉で表現することによって、「自分の感情に素直に生き、夢を叶えることを恐れてはいけない」と人々を励ますことができたのは、嬉しい経験でした。
 記事引用終わり

 欧米人って、とてもコミニュケーション能力が優れているとステレオタイプに思っているんですが。
 そんな彼らにとっても、自分の経験を言葉にする事は大変かつやり甲斐のある行為なのか・・・と印象に残るインタビューでした。
 そんなエベレスト、中国側ではファイナルキャンプ設置の情報も入り、4月下旬にさしかかって頂上アタック体制が整いつつあります。皆さんの目標が無事叶えられますように。

|

« あの人は今。登山家編その3 | トップページ | 裁判の行方 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再訪の理由:

« あの人は今。登山家編その3 | トップページ | 裁判の行方 »