« ウガンダもそろそろ観光客増えてます。 | トップページ | あの人は今。登山家編その2 »

どこでもアウトドア業界は大変

韓国からアウトドアに関する不景気な話題。
景気まだ冷えびえ 登山道は混んでも飲食店は閑散 by 韓国経済新聞4/20
以下、記事より引用

過去には、景気がよくなれば消費者の衝動買いや流行に依存して消費が増えると決まっていたが、懐具合が良くなっても商品やサービスを徹底的に選び購入する「計画購買型」消費スタイルに変化している。

登山路入口,のり巻き商売は閑古鳥

ソウルの代表的登山コースである冠岳山の入山者数は、去年に比べて平均1万名余も増えた。
しかし登山路入口の飲食店の売上高は別段増えなかった。4万名余の人波が殺到した去る 17日、開業9年目の食堂業ゾングスンイムさん(56)は「過去の経験から、登山客が増えれば景気がよくなっていた。今年に入って登山客が増えているのを見て食堂売上の向上を期待したが駄目だった」と訴えた。

食堂の隣でのり巻き店を営む朴チュヒさん(46)「この頃は山登りするだけで、店で買って食べない。のり巻きから果物まで家から持参する登山客達が大部分」
登山用品を販売する金某さんは「登山用品の売上は増えないで、家から持って来た食べ物を切るナイフを買う人が増える位」
新林市場入口で登山服を販売している張擒縦さんは「薄利多売なのに薄利だけ。多売が消えたのが近頃の商売」と苦笑いした。
以上引用終わり

どこも大変だ~。
1日で4万人も訪れる山、上高地がGW3日間で6万人だから相当なにぎわいです。
韓国に行ったことないので、ハイカーさん達や登山口の実態は知らないのだが、自宅から食べ物持参というのは微笑ましくかつ質素で素敵だと思うぞ。

|

« ウガンダもそろそろ観光客増えてます。 | トップページ | あの人は今。登山家編その2 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/3794749

この記事へのトラックバック一覧です: どこでもアウトドア業界は大変:

« ウガンダもそろそろ観光客増えてます。 | トップページ | あの人は今。登山家編その2 »