« 【注意情報】エベレストで酸素ボンベに不調続発 | トップページ | 妊娠に役立つ登山大会 »

7大陸最高峰登頂の話題

毎週水曜日の朝、会社で朝礼前の草むしり。
皆、飼い慣らされた牧牛のごとく、会社駐車場にちらばり黙々と草をむしる。
「大滝、新聞読んだか?」
と、営業のG部長よりお声がかかる。
リストラにもまけず、7大陸最高峰を目指した方の記事のことだった。

7大陸最高峰の登頂に成功 群馬の田村さん by 朝非珍聞

7大陸最高峰踏破 太田市の田村さん 日本人で9人目 by 中日新聞

このG部長、山形大学山岳部OBで、過去に自ら文献・写真資料を頼りにインド未踏峰遠征隊を企画したのだが、会社から休暇の許可がおりず、自らは学術隊の一員として山麓トレッキングに参加した過去を持つ。
実はその数年前に私が遠征登山で派手に休職しているため、その影響で休暇の許可がおりなかったのではないかと思うとG部長には頭があがりません。
 7大陸の話題は、
 リストラの身でよくやるなあ
 7大陸で難しいのはどこだろう
 南極の山は難しいのか
 という、話題に集約される。G部長との話題はたいてい最後に
 「最近山行ってるか?」
 「いやあ、子供が動き回るようになってさっぱりです。」
 「そうだよなあ」
 と、お決まりの会話で締めくくられる。
G部長も、遠征登山の企画段階で家族との折り合いが大変だったと風の噂で聞いていた。
 こうして我々サラリーマン2人組は、7大陸最高峰登頂の話題を肴に、草むしりを続けた。

|

« 【注意情報】エベレストで酸素ボンベに不調続発 | トップページ | 妊娠に役立つ登山大会 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7大陸最高峰登頂の話題:

« 【注意情報】エベレストで酸素ボンベに不調続発 | トップページ | 妊娠に役立つ登山大会 »