« 今夜は鬼畜パパ | トップページ | 鬱々日記その1 »

昼間も鬼畜パパ

朝5時に自宅を出てブナ林ガイド。
娘は爺婆、いとこのサトちゃんとサクランボ狩りの予定。
月に数回のブナ林ガイド、常駐ではないハンディを補うため、早朝に一度博物園の観察路を一周する。
一流料亭の板前が自ら魚市場に赴くように、三流インタープリターの私も新鮮なネタを仕入れに歩く。
トチばあさんの木の手前の池に、モリオアガエルの卵を見つける。
仕事で白神山地近くのヤブで見て以来、久しぶり。月山山麓では初めてだ。
今日の解説のメインはこれにしよう。

博物園では森林インストラクター研修が開催されており、小国町でガイド活動を展開する吉田岳君と再会。
吉田君のブログの植物記事、とても参考にしているだよ。
今日のお客様は7名。千葉から来た女性と、宮城から来た6人の家族連れ。
女の子2名と男の子1名の子供連れのため、子供中心に解説する。
「これなんだ?」
「あれなあに?」
説明口調はなるべく避け、一緒に観察する態度で接してみる。
さい先良く、ミズナラの大木でクワガタムシを見つけた。
続いてモリアオガエルの池へ。
子供達の興味は、動かないカエルの卵よりも、むしろ水中のサンショウウオの様子に興味を引かれていた。
やはり子供は動く生き物が大好きだ。
水面を浮き沈みするサンショウウオの様子に大喜び。
「森の中って、いろんな生き物がいるんだね。」と、子供たちが感嘆する。
その言葉に、登山には無いやりがいを感じる。

夕方、博物園を離れ、高速道を使って山形に戻る。
病院でカミさんと息子の顔を見て、それから実家に帰宅。

|

« 今夜は鬼畜パパ | トップページ | 鬱々日記その1 »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/4733159

この記事へのトラックバック一覧です: 昼間も鬼畜パパ:

« 今夜は鬼畜パパ | トップページ | 鬱々日記その1 »