« 山の恵み | トップページ | 装備の新調 »

はなちゃん危機一髪!!

カミさんの実家に娘を迎えに行く。
今日は私が娘を遊びに連れて行く日。
行き先は山形市のプール施設「ジャバ」。
温水プール、ジャクジー、屋外には波の出るプール、食事施設もある。
肌寒い雨の日ゆえ、屋内の温水プールは人で満杯。
お天道様は見えないのに、若い奥様方の水着がまぶしいぜ。

水泳着に着替え、娘と二人、プールに入る。
娘は水遊びが大好き・・・なのだが、あまりに沢山の人がいて緊張気味。
プールにはスーパースライダーという巨大滑り台があるが、2歳の娘にはまだ無理。
手前に、黄色く小さい幼児用の滑り台があった。
「はな、滑り台しよう」
娘を抱きかかえ、滑り台へ連れて行く。
はしごを上り、娘は水流のある滑り台をシュルッと勢いよく滑っていった。
派手にジャボン、と水に沈んでいく。
おお、これで娘も大喜びだ・・・
あれ?
娘が水中に飛び込んだまま浮かんでこない・・・・
2歳の娘、まだ泳ぎを知らない。
やべえっ、と思いつつ急ぎプールに飛び込み、娘を抱き上げる。
ゲホゲホ、とセキをしながら娘はパッチリ目を開けた。
え~ん、と声をあげて泣いてしまった。
児童用プールとはいえ、ちょうど娘の肩くらいの深さがある。
水深10センチ程度の浴槽でも幼児の溺死事故があると学んでいたのに・・・
ごめんよ~お父さんが悪かったよ~
UMAnewnes1
私の不注意で娘がこんな風になるとこだった。反省。

しばらく休み、娘はまた喜んでプールに入ったが、滑り台はもうやらなかった。
プール遊びを終え、さてジャスコにでも行こうと思ったが、早起きとプール遊びの疲労だろう、肩車していても私の頭の上で眠りかけている。肩車から下ろし、両腕で抱きかかえるとすぐに目をつむってしまった。
寄り道せず、眠りこけた娘を車に乗せ、カミさんの実家に戻る。
抱きかかえた娘の重いこと。
続けて抱いた生後3週間めの息子の軽いこと。
ふと思う。
抱きかかえられないくらいに子供達が成長するまで、私はどんな苦労をするのだろうか。


ところで、お父さんも遊びたいんですが。
syugou

|

« 山の恵み | トップページ | 装備の新調 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/4912746

この記事へのトラックバック一覧です: はなちゃん危機一髪!!:

« 山の恵み | トップページ | 装備の新調 »