« 消えたい | トップページ | 神社主催の学生登山は政教分離に反するか? »

夏の香り

妻は出産直後のため、実家に帰省中。
私は今、アパートで一人暮し。
会社帰り、自炊の食材を買うべくスーパーに立ち寄る。
ふわっと甘い香りがする。
スモモの匂いだ。
店頭に並んでいたのはプラムに大石早生。
私はソルダムが好みだ。
皮は青くて果肉が赤く、父は山形弁で「すいがんすもも(すいかすもも)」と呼ぶ。
両親の実家は農家のため、季節になればダンボール箱いっぱいにスモモをもらってくる。
幼少の頃から、夏の香りとして記憶に刷り込まれたわけだ。
仏壇にあげてしばらく経ち、熟したスモモを父と二人でかぶりついたものである。
よく現代の食生活から季節感が失われたといわれるが、ここ山形では自宅でもスーパーでも、季節を感じ取ることができる。
sumomo2ソルダム

|

« 消えたい | トップページ | 神社主催の学生登山は政教分離に反するか? »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/4929775

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の香り:

« 消えたい | トップページ | 神社主催の学生登山は政教分離に反するか? »