« 家庭にて | トップページ | おはなつみ »

フィリピンのクライマーは、退(しりぞ)かない。

2007年にエベレスト登頂をめざすフィリピン登山界。
今年8月、ムスターグアタ7546mに登頂成功。

No turning back for Philippine mountaineers by INQ7.net9/9

記事の勇ましいタイトルが示すとおり、隊員のレオ・オラシオン氏が低温・強風の中、登頂に成功。フィリピン人の到達最高高度記録をたてました。
全隊員が足に凍傷を負い、ある隊員は軽度の脳卒中症状、ある隊員は体重10キロ減など、慣れない環境でだいぶ苦労されたようです。
 別情報によれば、フィリピンのクライマーはキナバルで高度順化、ニュージーランドの山で雪氷技術を学ぶなどしているとのこと。4000m級のキナバルにニュージーランドの氷河でトレーニングとは、高所登山のトレーニングとしては案外恵まれている環境なのかもしれません。

|

« 家庭にて | トップページ | おはなつみ »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンのクライマーは、退(しりぞ)かない。:

« 家庭にて | トップページ | おはなつみ »