« 「ツアー登山を考える」を考える。 | トップページ | 明日の風。 »

飯豊ツアー登山日記

9/24~25の飯豊本山往復。
お客様だけでなく、台風17号も北上してきたのであった。

SPAS_092415
霧雨の中、飯豊本山登頂。

SPAS_092509
強い雨の中、お客様21名をエスコートして大日杉登山口に下山。

雨の大日杉コースは登山道水浸し、冗談抜きで川の中を歩くようなもの。
悪条件の中、いろいろ考えさせられる。
休憩一つとっても、早く下山したいお客様、下見していた休憩場所は水浸し、21名もの人間を休憩させられる場所はさらに限られる。
「お客はガイドの指示に従って動くんだよ」
「自分の山登りをすれば良い」
ガイドの師匠はこんな時、お客様に何を語りかけるんだろう。
そのことを何度も自分に言い聞かせ、2日めは時が経つにつれて激しくなる雨の中、大日杉めざして下山。
最も気に掛けていたのは、ザンゲ坂の鎖場。
鎖を使わずに登ると誇らしげに書いておられる方もいらっしゃいますが、お客様に不安を与えないようにするのがガイド登山。
中間部の支点に私が立ち、下部にサブガイドの北井氏に待機してもらい、一人ずつ下降させる。
お客様を見守りながら、もっと不安を与えない方法があるのではないか、と考え続ける。

悪天に見舞われた二日間。
添乗の久村氏とサブガイドの北井氏には大変お世話になりました。
悪天であればこそ、お客様と細かくコミュニケーションをとることがいかに大切か、痛感させられた反省多い山行だった。

|

« 「ツアー登山を考える」を考える。 | トップページ | 明日の風。 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/6128130

この記事へのトラックバック一覧です: 飯豊ツアー登山日記:

« 「ツアー登山を考える」を考える。 | トップページ | 明日の風。 »