« ぼくらののりかせんせい。 | トップページ | 日々是荒日。 »

にんげんだもの

よくある言い回し。
「欧米社会は冒険・探検・登山に理解がある。」
だが私が知る限り、それは日本に比較しての相対的な見方であって、決して「寛容」なわけではないと考えている。
ここにも悩む男性が。

Here comes that rising feeling by telegraph 9/28

イギリスのTarquin Cooper氏、予定するヒマラヤ遠征に際して、 1ヶ月もおうちを留守にする旦那に対し、8ヶ月の息子を抱える奥様はあまりよく思っていないそうであります。
こういうのって、欧米も日本も変わりないってことですね。

なやみは つきねんだなあ 生きているんだもの by 相田みつを

クーパー氏らは当初シブリン西稜の予定をチョラツェ西稜に変更。
この記事中で、8000m峰全山登頂のアラン・ヒンクスが含蓄のある言葉をコメントしてます。

”Success is coming back alive, the summit is just a bonus,"

|

« ぼくらののりかせんせい。 | トップページ | 日々是荒日。 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: にんげんだもの:

« ぼくらののりかせんせい。 | トップページ | 日々是荒日。 »