« 表情 | トップページ | 皇太子殿下「岳人」誌寄稿に対する中国共産勢力の論評 »

日本人であるということ。

21歳の若かりし頃。
私は中国領のシシャパンマ峰8027mを目指し、登山活動を展開していた。
荷揚げ要員として、TBCから一人でBCへ向かうよう指示が下される。
思いがけない単独行動に、内心喜んで出発。

氷河のモレーンで、一人休憩をとる。
ふと思った。
この広大な荒野で、私は何をもって日本人であると証明できるのだろう。
素っ裸になった時、何をもって日本人であると言い張れるのだろう。

時は過ぎて、今日の朝刊。

日本国民であること「誇り」9割…読売世論調査 by 嫁売新聞9/16

記事をよく読めば、
 日本が他国に侵略された場合の対応については、「安全な場所へ逃げる」「武器以外の方法で抵抗する」が、ともに35%でトップ。「武器を持って抵抗する」は17%で、同じ質問をした80年調査(21%)、2002年調査(19%)を下回った。

自国を誇りに思えど、個人主義の台頭により、侵略された場合は逃げるがトップ。
しっかし、武器以外の方法の抵抗ってなんなんだろうね。
日本の周辺で暗躍する、
 かよわい女子中学生を誘拐・拉致した挙げ句、工作員養成に利用したり、
 ビルに飛行機つっこませたり
 ハネムーン客でにぎわう南の島を爆破したり
という凶悪なテロリストに、武器以外で抵抗なんかできるのか?
この世論調査が示唆するには、左翼がかった自称「平和活動家」「反米・反日評論家」の連中が盛んに叫んでいる「日本の右傾化」が、根拠のない戯言に過ぎないことが数字としてはっきりしましたね。
もっとも、メディアの世論調査、統計なんて、いくらでもウソつけるけど。

 国と個人をめぐる論議に接するとき、よくチベットに滞在した時の感覚が蘇ってくる。
 何も持たずチベットの荒野に立った時の、不安のような、解放された快感のような、不思議な気持ち。
 私達は何をもって日本人であると主張できるのだろうか。

|

« 表情 | トップページ | 皇太子殿下「岳人」誌寄稿に対する中国共産勢力の論評 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人であるということ。:

« 表情 | トップページ | 皇太子殿下「岳人」誌寄稿に対する中国共産勢力の論評 »