« NYタイムズ社説がなんだって? | トップページ | 祝・福岡大山岳部ギャチュンカン登頂 »

セブンサミットと元気な老人

もう、うちのカミさんから
「年末年始どっか行くの?」
五寸釘さされちまったい。
カミさんの実家からも風当たりが強い今日この頃。

人間、夢と憧れは大切です。
新聞ネタになっている「セブンサミット」とやらも、夢と憧れめざして頑張る人の姿は素敵だと素直に思うなあ。
ネット掲示板で不毛な議論繰り返しているベテラン登山家よりも一億万倍素敵だなあ。
と、いうわけでセブンサミットと元気な老人の話題4連発。

Climbing fan keeps checking mountains off his to-do list  by ashahi 10/18
だいぶ前に日本語版で報道されていたのですが、元記事が削除されていたので英文版にリンクしてます。

岩手・盛岡でコジウスコを残しセブンサミットにリーチ状態の橋本久さん。
最後のコジウスコは家族と共に登りたいと希望しているようです。
セブンサミット目指している人間の、ご家族の様子に触れられた記事はあまり無いような気がします。家族と共に感動を共有したいという姿勢に、橋本さんの人柄が感じられますね。

〈ざいにち発コリアン社会〉7大陸最高峰制覇をめざす都内在住の鄭義哲さん by 朝鮮新報10/17

北朝鮮のプロパガンダ紙「朝鮮新報」に、珍しく最高峰制覇の文字が!
東京都内在住の鄭義哲さん、最近登山を始めて一気にセブンサミット狙いでございます。
キリマンジャロに登ったときのコメント「つらくても登りきればすべてが無になる」に、共感する方も多いのでは。
この方の記事、とにかく楽しいからやってみたいという思いが伝わるので好感もてます。
いやいや、朝鮮新報にしては珍しくさわやかな記事であります。

Mountain Climber Reaches First Peak As Part Of Expedition To Help People Battling Depression by PHARMALIVE.COM

アメリカのジョー・ローソン氏。
一番最初のキリマンジャロ登頂で早速マスコミに取り上げられています。
父親を鬱による自殺で亡くしたローソン氏、精神科の適切な治療を受けることの重要性をアピールすることも遠征の目的の一つだそうで、メンタル関連の医薬品メーカーの支援を受けています。
 心療内科に通院経験者の私にとっては、ちょっと応援したい記事。

'Mountain Goat' ogles Everest by missoulian.com

さて最後の話題は元気なお年寄りマリオ・ロカッテリ氏。
72歳でエベレスト登頂を狙ってます。
デナリも登頂済みですが、今年六月にデナリ登頂最高齢記録をたてた大分県の星子さんをとても意識していて、
「これは日本人とイタリア人の戦争だ」とジョークとばしてます。(なんて爺さんだ・・・)
このマリオ氏、山頂での記念写真は常に「逆立ち」写真。
このミズーリアン・コムの記事でも、テキサス最高峰の頂で逆立ちしている画像が掲載されています。
はてさて、世界の頂点で逆立ちできますように。

先日、当ブログにコメントいただいた九里徳泰氏もデナリ頂上で逆立ち写真を撮影しておりましたが・・・洋の東西を問わず、逆立ちしてみたい方がいるのだなあと思った次第。

|

« NYタイムズ社説がなんだって? | トップページ | 祝・福岡大山岳部ギャチュンカン登頂 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セブンサミットと元気な老人:

« NYタイムズ社説がなんだって? | トップページ | 祝・福岡大山岳部ギャチュンカン登頂 »