« 反日思想に負けない日本の登山用品 | トップページ | エベレストの標高に絡む思惑 »

三角地帯

朝一で、提出が遅れに遅れた成果品を測量設計業者に納入。
提出はなんとか済ませ、その後一人で現場を見に行く。
車から降りて、道路沿いを注意深く観察しながら歩く。
そこは小さな農村なのだが、庭先のダリアが美しい。
そういえば、アパート前の柿畑のヒガンバナ、いつのまにか色あせていた。
自分を見失う生活の中で、いつのまにか冬に近づいているんだなあ、と思う。

帰社後、携帯に妻から電話。
4ヶ月の息子、気管支炎気味で入院決定。
夕方早く会社を退出、私の実家、アパート、病院をいったりきたり。
妻は泊まりこみで看病のため、娘は私の実家で引き取ることになる。
実家に慣れない娘は泣きわめく。
うちのジジババは「もっと頻繁に実家に孫連れてくればいいのに」
と、私に文句たらたら。

以後、実家・アパート・病院これを「 魔 の 三 角 地 帯 」と呼ぼう。

|

« 反日思想に負けない日本の登山用品 | トップページ | エベレストの標高に絡む思惑 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/6360702

この記事へのトラックバック一覧です: 三角地帯:

« 反日思想に負けない日本の登山用品 | トップページ | エベレストの標高に絡む思惑 »