« 静かな連休その2 | トップページ | 三角地帯 »

反日思想に負けない日本の登山用品

多くの方々が愛用していると思われる、分割式の箸。
モンベルとスノーピークの製品でおなじみですね。
この箸、海の向こうの中国でも注目の商品のようです。

七宗罪之奢侈I——SNOW PEAK 筷子 by 中国戸外資料 

この記事の筆者いわく、
記事引用はじまり
 この箸はすでにネット上でみかけたことがあって、一目ぼれした!180元は大変高い!その設計とアイデアにはどうしても感心しなければならない。その上、作りは非常に精致で、「こんちくしょう、小日本」なんて罵ることしかできない・・・
記事引用おわり

 おいおい、小日本(蔑称)は余計です。
 がともかく、分割式の箸の作りにはいたく感心していただいているようです。
 さすがスノーピーク!モンベル!
 でも中国で180元→約2500円は高くないか?(日本国内の売値は1800円くらいだよね)
 ちなみにこの筆者、友人にモンベルの箸を先に買い占められ、スノーピーク製品をお買いあげになられたようです。友人はバレンタインの贈り物にも使うとか。
 へー、中国のアウトドア愛好者もおしゃれですね。

 で、もっとワクワクするのがこの記事の掲示板。
 その主な書き込みは以下の通り。

 書き込み1「必要でもなんでもない。あまりに無駄遣いだ。」
 書き込み2「俺はむしろ木の枝を削ってでも小日本の製品は買わなくてもいい。」
 書き込み3「日本の製品を買う男!何も言うことはない!」
 書き込み4「180元の箸!これが小日本だ!」

 ふー。
 欧米アウトドアメーカーの進出が著しい中国。
 でも、この「箸」のように同じアジア人だからこそ受け入れられる製品はまだまだ開発の余地があるはずだ。
 日本メーカーの製品も頑張って欲しいところです。

|

« 静かな連休その2 | トップページ | 三角地帯 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/6338797

この記事へのトラックバック一覧です: 反日思想に負けない日本の登山用品:

« 静かな連休その2 | トップページ | 三角地帯 »