« ミック・ファウラー、未踏峰カジャチァオに登頂 | トップページ | はなちゃん、おゆうぎかいで踊る »

金持ちA様×貧乏B様 in 登山家

韓国の経済紙・中央日報エコノミストが、8000m峰14座全山登頂者オム・ホンギル氏に経営ノウハウをインタビューしております。記事の題名もズバリ、

オム・ホンギルに学ぶ「正しい経営学・・・現場で強い者が真の強者だ」by 中央日報エコノミスト11/22

記事引用開始

 オム氏は「山で強いと本当に強い。すべて登山で評価される」と言う哲学を持っている。隊員とシェルパの力量、誠実さなど、全てヒマラヤ登山の現場で判断し、この基準によって任務を与える。ソウルを離れてヒマラヤに到着した瞬間、すべての判断のよりどころは現場だ。山登りは理論で行うわけではないからだ。
「ヒマラヤ遠征は相当な準備と訓練を積んで行くものの、実際に行ってみると違ってくる。ベースキャンプまでは大丈夫なのに、キャンプを設置しながら登っていくうちに変わってくる。 (中略) この瞬間から弱い奴はしっぽを下げる。強い奴と弱い奴はここで分かれる。雪岳山、北漢山でいくらでかい口をたたいても、ヒマラヤに行って見ればよく分かる。」

記事引用おわり

という具合に、高所登山の厳しさがつらつらと綴られているのですが・・・・

omu
トレーニング中のオム氏

ここで疑問です。
韓国といい、欧米といい・・・
登山家ってよく経営者の勉強会とかに借り出されるけどさ。
イギリスのボニントンも経営学校の講師様だし。
登山家が経営者のお手本になるわりに、山やってて散財が多いのはこれ如何に?????

|

« ミック・ファウラー、未踏峰カジャチァオに登頂 | トップページ | はなちゃん、おゆうぎかいで踊る »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/7304433

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ちA様×貧乏B様 in 登山家:

« ミック・ファウラー、未踏峰カジャチァオに登頂 | トップページ | はなちゃん、おゆうぎかいで踊る »