« ネパールの首都はジャズマンドゥになります【ネタ】 | トップページ | はなちゃん、転落す!! »

西ベンガルから来た男

西ベンガルから8500kmの徒歩旅行に挑んだ方がいます。

A messenger from West Bengal on a peace visit by New kerala.com 11/20

旅人はインド人、ディリップ・バッタチャリャ氏、65歳(インド鉄道の退役技術者)。
25kgの荷物担ぎ、一日約20〜30kmのペースで歩き、旅費は自身の年金だそうです。
過去には2003年、ウッタルチャル~アルチャナルプラディシュ~ガンゴトリのコースでヒマラヤ山中9000kmを自転車で走ったとのこと。

ディリップ氏の旅の目的ですが、社会悪の改善と環境問題を人々に訴えているとのこと。
ガンジーを彷彿とさせますな。
インドでこのような旅を敢行する方がいるとは興味深い。
登山や冒険は経済的に豊かないわゆる先進国の人間が行うという左翼ジャーナリスト本多勝一の論は崩れつつあるようです。

一方、最近の日本で見受けられるように、時間と資金(年金)に余裕のある中高年が冒険旅行を行うという図式はインドでも変わらないということでしょうか。

|

« ネパールの首都はジャズマンドゥになります【ネタ】 | トップページ | はなちゃん、転落す!! »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西ベンガルから来た男:

« ネパールの首都はジャズマンドゥになります【ネタ】 | トップページ | はなちゃん、転落す!! »