« 今日も楽しく朝日新聞。 | トップページ | 世間知らずの立命館大学非常勤講師・伊田広行を笑う。 »

十割蕎麦原理主義。

文化の日。
実家の両親、カミさんと子供を連れて蕎麦屋に行く。
夏~秋は山に入り浸っていたので、晩秋から冬期登山の間の隙間を狙って家族サービスに専念。
行き先は上山市の原口そば

昨今、蕎麦打ちブームなどで雑誌などでも蕎麦が取り上げられているが・・・
浅草だ?
信州だ?
更科だ?

 山形の蕎麦を喰わずして蕎麦を語るなかれ(宣戦布告。)

というわけで、私の父は蕎麦にはうるさい。
二八蕎麦、白い蕎麦、薄盛りの蕎麦、細い蕎麦などもってのほか
息子の私も同じ路線で、

girlonmotorcycle_03
ツ ナ ギ は 邪 魔 。

くわえて、私の母は蕎麦よりも「蕎麦がき」を好む。
と、なると目指す蕎麦屋も限られてくる。

ほんとは蕎麦よりも、孫と一緒にいる時間の方が二人には楽しいようだ。
幸い、天気もよろしい。
夕方から雲がてでくるが、雲の割れ目から太陽の光が差し込む。
紅葉のピークを過ぎてくすんだ紅色の山肌を照らし、美しい光景になっている。
あ~四季に恵まれた日本の山形に住んで良かったと思う瞬間。

|

« 今日も楽しく朝日新聞。 | トップページ | 世間知らずの立命館大学非常勤講師・伊田広行を笑う。 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/6886894

この記事へのトラックバック一覧です: 十割蕎麦原理主義。:

« 今日も楽しく朝日新聞。 | トップページ | 世間知らずの立命館大学非常勤講師・伊田広行を笑う。 »