« 国連、中国国内の拷問行為に調査 | トップページ | 勤労感謝の日 »

7ヶ月間のセブンサミット

ハーバード・ビジネススクールの学生が、チャリティ目的に「7ヶ月間でセブンサミット登頂」という目標をめざしています。

Mountain for Miracles: Students to Climb Summits for Pediatric Cancer Research by The HarbusOnline11/21

日本でも神奈川大学山岳部が、ドリーム21セブンサミッツと題して長期計画をたてていますが、HBSの学生たちはロブ・ホールの214日間という記録をやぶるべく、198日以内で登頂予定とか。
予定はつぎのとおり。

アコンカグア6956m 12月20日−1月3日
ヴィンソンマシフ4897m 1月6日−1月17日
キリマンジャロ5895m 2月1日−2月8日
コジウスコ2228m 2月11日−2月17日
エベレスト8848m 3月17日−5月29日
エルブルス5636m 6月3日−6月12日
デナリ6194m 7月1日−7月17日

いやいや、日程はびっちりですな。
記事によれば、やはりエベレストの登山シーズンを主軸に計画を立案したようです。
HBSの学生達の意気や良し!!
記事には競技場の階段登りでトレーニングしている写真もあり、おおっ、アメリカ人も同じトレーニングしているのかぁ~と、学生時代に好んで校舎の非常階段でトレーニングした私は思うのであります。

しかしセブンサミットの短時間登頂達成って、チャリティ目的以外に、何か意義ってあるんでしょうか?
たぶん、第二第三の短時間記録を目指す人間が現れるのだろうが・・・
日本百名山を達成した小学生が、百名山登頂を「記録」と認識していたようですが、
記録のための登山なんて つ ま ん ね。
七つの山の、七つの素晴らしさをじっくり味わって達成してほしいものです。

|

« 国連、中国国内の拷問行為に調査 | トップページ | 勤労感謝の日 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7ヶ月間のセブンサミット:

« 国連、中国国内の拷問行為に調査 | トップページ | 勤労感謝の日 »