« 行事のネタは新鮮也。 | トップページ | 懸垂の支点に注意すべし »

冬の研修

日曜朝、5時発でガイドの師匠が住む天元台スキー場へ。
東北山岳ガイド協会の冬季研修があるのだ。

体重増に加え、冬シーズン最初の山行とあって体がにぶい。
ホワイトナビと梱包・搬送をシミュレートする。
二つ玉低気圧が接近というわりに天気は好天だ。
皆で「不思議だ不思議だ」を連発。
青空も望めた昼、天気図はこんな感じ。
SPAS_120412

屋外での研修後、師匠のペンションで打ち合わせ。
ペンションに入ったとたん、風と雲で大荒れの天気。
さあ天元台からロープウエイで下りようとなったとき・・・
あまりの強風にロープウエイは運休。
ここ天元台、下界との交通手段はロープウエイしか無い。
ボーダーやスキーヤーさん皆で、積雪の林道をとぼとぼ歩く。
激変する天候に、やはり気象を把握する努力の必要性を痛感。
天候悪化時の天気図はこんな感じ。
SPAS_120415

今日の研修は一般のお客様も参加しており、中高年の女性のお客様の側を離れないようにして下山する。
ギリギリ日没時までに駐車場に到着したが、すぐにヘッドランプを出せるようにしておくべきだったと深く反省。

|

« 行事のネタは新鮮也。 | トップページ | 懸垂の支点に注意すべし »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

天元台・・。お師匠様はお元気でしたでしょうか。
しかし2枚の天気図、なんとも微妙な違いですね・・。東京も今日一日、快晴でした。九州や北陸の方では結構荒れたみたいですが、なかなか天候の変化を予測するのは難しいものですね。

投稿: S | 2005.12.05 23:48

リフト終点で梱包搬送練習した後、師匠は軽やかにパウダー巻き上げて滑り降りてました。
 当地の天気予報はずっと雪だるまマークなのですが、二つ玉の前にあんな晴天が訪れるとは・・・でした。

投稿: 聖母峰 | 2005.12.06 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/7479269

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の研修:

» 山形白布温泉かもしかやの米焼酎「白布青風」 [煙草入れとブリキの車とコレクション]
正月前に頂き、年越しに飲みました。表ラベルには本格米焼酎 甕熟成と書いてあります。裏ラベルには白布青風は、本格米焼酎を白布温泉で甕熟成させた限定品です。と書いてあります。度数は25度で、味わいは結構淡白で大変飲みやすく、これもあっと言う間に無くなりました。裏ラベルには「よい宿で どちらも山で 前は酒屋で」山頭火ともあり よく行っていた天元台スキー場下の白布温泉の風景が思い出されます。製造元は「まほろば」の里、山形県�... [続きを読む]

受信: 2006.01.21 12:36

« 行事のネタは新鮮也。 | トップページ | 懸垂の支点に注意すべし »