« お父さん、キャラクター商法に撃沈。 | トップページ | 山形市立図書館のナゾ »

自然の家でアイス作り

自然の家行事のため、豪雪の大江町へ。
サポータースタッフ登録して5年、1、2月の行事に参加するのは初めて。

私にとって外せない行事が、子供達の引率をお手伝いする8月の大朝日登山、そして3月の月山山麓をスノーシューで歩く「ブナ林たんけん隊」。
年末から春先にかけ、勤務上の都合もありブランクがあいてしまうのだが、やはりコンスタントに子供たちと関わって経験を積みたい。今年は1月2月とステップを踏み、3月の行事に臨もうと企む。
今回のプログラムは午前中が雪面をタイヤチューブに乗って滑るチューブ滑り、午後からはアイスクリームつくりとなる。

昨夏の大朝日登山以来、久々の自然の家。
緊張をほぐすため、まっすぐ自然の家に到着せず、大江町のコンビニで缶コーヒーを飲んで休憩。
自然の家に到着してプログラムの案内・日程表を読む。
今日参加の子供達は・・・・
ええっ!ひゃくにん以上もいるの~!!!

チューブすべりにアイス作りは人気の行事らしい。
付き添いの保護者も含め、参加者は約100人。
出会いの集いが始まり、研修担当の田中先生のトークが始まる。
ふむふむ、先生の話し方は参考になるな・・・メモメモ、といううちに、サポーターの紹介が始まる。
あまりの人数の多さに半分緊張する。
うーむ、なんとか私の名前を印象づけなければ。
「二班担当する大滝でーす。ナイアガラの お・お・た・き でーす!」
と、言ってみる。
約百人の参加者の反応

Image9
は ず し ま し た 。

で、午前中のチューブ滑り。
朝日少年自然の家には、職員の方々が苦労して整備された立派なチューブ滑り専用コースがある。
今回私はスラロームコースのスタート係を担当。
滑った子供が完全にコースから出て行ったか確認、次の子供をスタートさせる係だ。
チューブ滑りが始まってすぐ、幾人かの子供たちから
「れんけつ(連結)して滑りたいけど、いい?」と聞かれる。
連結とは、チューブに乗った複数の子供たちが足を掴み、蛇のように連結してコースを滑り降りることだ。
残念ながらスラロームコースは怪我防止で連結禁止となったのだが、他の子と一緒に楽しさを分かち合いたい、という子供たちの気持ちにちょっと感激する。

本日の目的のひとつは、プログラムとしてのアイスクリーム作り。
前々から、テレビ番組「大草原の小さな家」の時代のレシピを野外活動に生かせないか考えていた。
およそ100年前のアメリカの開拓農家で使われていたレシピや道具は、そのまま現代のアウトドア用品、野外活動に通じるものがある。
文献を調べ、いくつか使えそうな料理を絞り込んだが、その中のひとつが「アイスクリーム作り」。

偶然ではあるが、今日は山形市でも同じく子供向けにアイスクリーム作りの行事が開催されていた。
こちらは缶に材料を入れ、その缶を新聞紙で球状に包み、それで攪拌を兼ねたサッカー遊びをしてアイスをつくるというもの。
自然の家の方は、大小二つのボールを用意し、塩と雪を混ぜた冷却材をボウルの間に入れ、材料をいれた小さいボウルをひたすら回しつづけるというもの。
自然の家の作り方は、「大草原の小さな家」の頃の作り方とほぼ同様なのである。
原著文献によれば、バニラエッセンスなど入手できない当時の子供達が手作りしていたアイスは、香り付けはレモン汁だけという素朴なものである。

材料を配られた子供たちの表情は、これでアイスができるのかという「半信半疑」。
混ぜ合わせた材料の入ったボールを持って、屋外に出る。
屋外でかき混ぜ続ける。
雪と塩を混ぜた冷却材は意外に強力である。
みんなのところを見て回る。「なかなか固まりません」と困っているグループをみてみる。ボールを見ると材料は液体状なのだが、冷却材に触れているボール底部は既にカチカチに凍りついている。
ボール底部に凍り付いた材料をスプーンや泡立て器で削り、液体状の材料が冷えた底部に触れるよう、指導してまわる。

この日、天候は晴時々曇りであったが、屋外でアイスが食べられる穏やかな午後だった。
材料が凍り始め、アイスになってきた頃から子供たちの表情が文字通り輝きだす。
この日のプログラムのねらいは「克雪・利雪、雪を楽しもう」。
いつか機会があれば、百年前の子供たちも同じやり方で楽しんだことを伝えてみたい。

ところで、大草原の小さな家を知らない子供たちが増えているなあ。
世代の壁を感じる・・・。

|

« お父さん、キャラクター商法に撃沈。 | トップページ | 山形市立図書館のナゾ »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/8309296

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の家でアイス作り:

« お父さん、キャラクター商法に撃沈。 | トップページ | 山形市立図書館のナゾ »