« 山と渓谷二月号 | トップページ | 底力 »

鬼畜新聞社・朝日新聞の投稿欄

朝日新聞
1月26日付朝刊 名古屋版 「声」(ネット上のソースなし)
戦慄を覚えた自衛隊の美化 (岐阜県各務原市 寺田誠知 高校教員 57歳)

記事引用開始

 18日の本欄「お世話になる頼れる自衛隊」を読んで戦慄を覚えました。
一部の地域の「除雪」によって、恐ろしい戦争の道具である自衛隊がかくも 簡 単 に 美 化 されてよいものでしょうか。
 またアメリカの侵略に加担した自衛隊のイラク派遣も、かくに簡単に肯定されていいものでしょうか。軍隊を美化し、軍隊に頼った国民がどんなに悲惨な運命をたどらなければならないか、私たちは先の戦争で思い知ったはずです。
 私たち主権者である国民には永久不可侵の権利として自衛権があります。また外国からの侵略だろうと自然の災害だろうと、不断の努力で自らを守る責任があります。そうした権利や責任を安易に軍隊や政府に丸投げしていいものでしょうか。自らの安全は、最終的には 自 ら の 血 と涙と汗を流して守るしかないのです。
 暴力団にミカジメ料を払って守ってもらおうと思う者はやがてその餌食にされます。同様に、軍隊に頼った国民は軍国主義の餌食にされます。憲法の精神に立ち返り考えてみましょう。

記事引用おわり

今日も楽しいおはなし、極左のみなさん、ほんとうにありがとうございました。(棒読み)

|

« 山と渓谷二月号 | トップページ | 底力 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/8358615

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼畜新聞社・朝日新聞の投稿欄:

« 山と渓谷二月号 | トップページ | 底力 »