« あめりか日記 その1 油田プラント見学 | トップページ | あめりか日記 その3 コールマンアウトレット店訪問 »

あめりか日記その2 伝わる心

3月4日、早朝から3時間かけてサンアントニオに移動、近くにある鍾乳洞 Natural Bridge Caverns を見学に行く。

昨日の石油開発プラント博物館もそうだが、今回のアメリカ行きの秘めたる目的の一つは、本場アメリカのインタープリターの案内を観察すること。ブナ林ガイドや山岳ガイド修行中の私には興味ワクワクなのだ。
Natural Bridge Cavernsには定時出発のガイドツアーがあり、私達一行もそれに従う。

案内役のインタープリターは、大柄で腹の出たアメリカ人なのだが・・・・
鍾乳洞の入り口で「早く来い!」と叫んでいたのはともかく、英語のわからぬ大勢の視察団員が先に行きすぎてしまい、止めに行くインタープリターが口にした言葉が
「shit! shit!」

brother『Fuck'in Japanese くらいわかるんだよ、ばかやろう』by ビートたけし
客の前でshitはねえだろうこのやろう、という嫌な感じ。

この一言が先入観になってしまったのか、なんとなくこの人の解説は受け入れがたいものでした。
もともと英語はそんなにわからない私ですが。
やはり言葉の前に、「気持ち」というものは人に伝わってしまうのでしょうか。
そんなことを感じた鍾乳洞でした。

caverns

|

« あめりか日記 その1 油田プラント見学 | トップページ | あめりか日記 その3 コールマンアウトレット店訪問 »

ブナ林ガイド」カテゴリの記事

コメント

本当に心とは伝わってほしいときに伝わらず
伝わってほしくないときには伝わってしまうものですね

そんな瞬間をちゃんと足を止めてみることを
忘れてしまうのも人間らしさを失うかな。
なんて考えてしまいます。

世の中シビアで自分が大事
他人のことなんて知ったことジャない
そんな状況ばかりだったらやっぱりギスギスしてしまいそう

自分のことも振り返って気がつこう。

投稿: POP | 2006.03.15 23:10

そうですね。
嫌な感じをうけた分、さて今までの自分は他の人に対してどうだった?と、ちょっぴり思いました。

投稿: 聖母峰 | 2006.03.17 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/9011452

この記事へのトラックバック一覧です: あめりか日記その2 伝わる心:

« あめりか日記 その1 油田プラント見学 | トップページ | あめりか日記 その3 コールマンアウトレット店訪問 »