« 早春よ、何処へ。 | トップページ | 奥入瀬渓流事故裁判に判決下る »

マムート新型ビーコン、アラスカ山岳ガイドが採用決定

この新型ビーコン、2月に開催された展示会で、既にスキー関係者には周知の製品のようですが・・・
バックカントリーで知られるガイド・ブルークリフのブログにも、展示会の記事が掲載されています。
マムート社製の新型ビーコンMammut Pulse Barryvox Avalanche Beaconは、埋没者のバイタルサイン(英文記事からは、パルス・脈拍と思われる)を発信する今までにない機能を備えています。
 アメリカの紹介記事では、(いささか縁起の悪いシチュエーションですが)、生存者を優先して捜索するというメリットを紹介しています。
 この新型ピーコンを、アラスカの山岳ガイド(Alaska Mountain Guides & Climbing School, Inc)が採用を決めました。もともと以前からマムートのバリボックスを使用していた同組織、引き続いての新型採用になりました。

Alaska Mountain Guides Adopt New Transceiver by MountainZone.com4/6

Barryvoxpulse

なお、マムートの新型ビーコンを含む雪崩対策用品、ボルボ社主催のスポーツデザイン大賞を受賞したようです。

|

« 早春よ、何処へ。 | トップページ | 奥入瀬渓流事故裁判に判決下る »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/9473263

この記事へのトラックバック一覧です: マムート新型ビーコン、アラスカ山岳ガイドが採用決定:

« 早春よ、何処へ。 | トップページ | 奥入瀬渓流事故裁判に判決下る »