« 休妻日 | トップページ | おいでませクライマーfromカトマンズ »

年度初めにさいして

Special Danger for New Mountaineers by The NewYorkTimes4/1

上記記事より引用
The beginning of a mountaineer's career, when energy and enthusiasm outpace experience and judgment, is said to be the most dangerous part. And I was no exception.

山登りの始め~情熱と意欲が経験と判断力を越えるとき~が一番危険だと言われています。私もそうでした。
by ARLENE BLUM(アメリカ人初および女性初のアンナプルナ峰サミッター)

私もより用心して山に向かいたいと思います。

|

« 休妻日 | トップページ | おいでませクライマーfromカトマンズ »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

登山初心者の私2年目の今年
この言葉を大切にしてがんばります。

なぜか次も次もといきたくなるものですね。
時間や余裕がないのになと自分でも注意が必要だなと
感じる今日この頃です

投稿: POP | 2006.04.02 00:57

コメントありがとうございます。
「読図」のレスも兼ねてこちらへレスします。

pop様がどんな山行されているかわかりませんが、道迷いで深夜までの行動、ホントに大変でしたね。
どうぞ地図を好きになってみて下さい。等高線から景色をイメージできるようになると楽しいモノです。GPSも、読図あっての機材だと思います。
と、言いつつ、私もGPS欲しいです。高いですよねアレって。
私の先輩の言葉の受け売りですが、「登山は生涯楽しめる趣味」です。私も謙虚に経験を積み重ねて行きたいと思ってます。

投稿: 聖母峰 | 2006.04.03 18:12

地図好きですよ!笑

山に行くようになる前から地図で山を見ていたのです。
普段の生活でも必要なのですが、慣れは大切です。
大まかにしること、細部をおさえること
毎日山でなくてもプロトレックでコンパスいじってみたり
かばんに読図の本がはいっていたり。。苦笑

できるにこしたことのない大切な技術ですよね。
車の運転なら地図いらずな私ですが、山は地図があっても
用心用心。といった感じでカシミールは必需品です。
昔の人はすごいですね。汗

登山は登るだけじゃなくて知る喜びが多いものだと思います。そして感動も!

投稿: POP | 2006.04.06 00:31

<<地図好きですよ!笑
おおっ!同志同志!!
地図を見たり読んだりするのがワクワク楽しい分、読図がわからない初心者の方に、この楽しさをどうやって共有してもらえるかとても悩みます・・・
pop様はカシミール使いなんですね。
他の人がカシミールで作った頂上展望図が気に入ったので、使ってみようか考えているところです。

投稿: 聖母峰 | 2006.04.06 19:50

地図って
遠くにいてイメージする楽しさと
知る楽しさは地名や由来、関連する歴史や文学、自然科学的要素たっぷりだし
現地にいってイメージできる楽しさ
があると思うのです。

季節も違うと風景も変わる。
立っている場所はどのあたりかと
頭の中の地図もいろんなイメージの仕方ができるから

悲しいかな、まだまだ沢とか藪にはいったときに
見分ける自信がぜんぜんありません。

カシミールだと色々遊べるし
つらそうかなと思う山は必ず断面標高図とか
みちゃいます。苦笑
GPSガーミンの腕時計タイプ
二万円を切るのがでているのですが
どれほどのパフォーマンスなのが気になるところです

私は通ったところをいちいちめもるのが苦手なので
大体プロトレックの履歴で一段落してから地図を見ながら
記録するというやり方をしています。

どれだけ2万五千から読み取れるか
使いこなせたときどんなに面白いだろうって
思うからあこがれるのです。

まだまだ勉強ですね。

投稿: POP | 2006.04.06 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/9373082

この記事へのトラックバック一覧です: 年度初めにさいして:

« 休妻日 | トップページ | おいでませクライマーfromカトマンズ »