« 屋根作り | トップページ | これは何ですか? »

トーク

ベランダの屋根を昼過ぎまで作り終え、外出の用意。
子供二人をジジババに預け、カミさんと共に

1117373967
綾戸智絵のライブに行く。
育児疲れのカミさんに、たまの息抜き。

2年ほど前に綾戸智絵が来県したときはあっという間にチケット売り切れで入手できず。
今年は絶対!と思ったものの、チケット発売日が山行日。
山から下りた後、汗もひかぬまま月山山麓の西川町のローソンに飛び込む。
端末機を操作するが、「割り当てのチケットは売り切れました」の非情な回答。
諦めず、少し離れた寒河江市のファミマの端末機でようやくチケットを購入。
こんな月山山麓の畑に囲まれたコンビニでコンサートチケットが買えるとは、凄い時代である。

ライブは、客層は女性が圧倒的に多かった。
あのトークは笑わせるよなあ。
話の中身は特に実のあることを話しているわけではなく、終始お客様への感謝の気持ちを口にしているのだが・・・
練習とか努力の成果とも思えないあのトーク、綾戸智絵本人のセンスだろうか。
久しぶりにカミさんと二人の時間を過ごし、それから子供という名の怪獣を引き取りにジジババの家に行く。

|

« 屋根作り | トップページ | これは何ですか? »

日常」カテゴリの記事

コメント

アヤドチエ!
お目が高い

このヒトいい味だしてますよね。
ちょっとしゃべりすぎじゃないかと思いますが
歌が好きなのが十分つたわるので
私はずいぶんこのヒトのCDにお世話になりました

ギターならむらじかおり
日本人女性JAZZ系ボーカルならアヤドチエ
が私にとってはメジャーなほう。

ダイスキって伝わるアーティストとはすばらしい共感を与えてくれるものです。失恋の悲しみも癒してくれたような。苦笑

いさぎよい女は好きです。

投稿: POP | 2006.05.23 00:05

<<ちょっとしゃべりすぎじゃないかと思いますが
どうみてもトークを期待しているというおばちゃん方が多かったような。
おっしゃるとおり、歌も、人間も好きな人だというのはよく伝わってきたひとときでした。

投稿: 聖母峰 | 2006.05.23 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/10186125

この記事へのトラックバック一覧です: トーク:

« 屋根作り | トップページ | これは何ですか? »