« 東北山岳ガイド協会 総会に行く | トップページ | 月山「八方七口」写真展 »

伊のシモーヌ・モロー、中国から国外退去処分

世界のトップクライマー、イタリアのシモーヌ・モローがエベレストの南北縦走後、中国から国外退去処分を喰らってます。

China kicks out climber after Everest feat by REUTER INDIA 5/28

意登山員从珠峰頂“越境”被遣送 by 捜狐新聞5/28

モローは5/20にネパール側からエベレスト登頂、そのままチベット側に下山。
正式な入国書類・手続きもなかったようで、ベースキャンプで密入国と判断されたもの。
モロー本人はロープが切れやむなく北面に、と言い訳したようですが、チベット登山協会総書記は
「ネパール側は北面ほど難しくない。モローは世界でもトップクライマー」
と、あっさりモローの言い分を否定。
トップクライマーというのも苦労が多いですな。
しかして、モローはザンムーから国外退去処分になったようです。

中国メディアは特例として、88年の日中ネ三国合同のチョモランマ交差縦走を挙げていますが、私の記憶ではエベレスト西稜登山中のベルギー人、ジャン・ブルジョワがチベット側に転落、軽傷で済んでそのままチベット側に下山、結果的にネパール→中国を越境しちゃったよん、というケースがあったはず。この時も、さほどのお咎めなくザンムーから釈放で済んでいた。
ま、今後のモロー氏の登山活動に差し障りないことを祈ります。
ただ、事情を知る者にとって最大の驚きは

チベット登山協会が ち ゃ ん と 仕 事 し て る っ !!!!

と、いうことですな。

|

« 東北山岳ガイド協会 総会に行く | トップページ | 月山「八方七口」写真展 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/10288229

この記事へのトラックバック一覧です: 伊のシモーヌ・モロー、中国から国外退去処分:

« 東北山岳ガイド協会 総会に行く | トップページ | 月山「八方七口」写真展 »