« ココアですよ、ココア。 | トップページ | カエル »

登頂シーズン、来る。

5月も中旬。
今年も、世界最高峰から登頂のニュースが伝わる時期になりました。

欧米隊についてはK2climb.netが詳しいのでパス。
5月14日、中国隊の5人のメンバーがチョモランマ北稜の登頂に成功した模様。

羅麗莉踏8680米高度 离峰頂五百余米遺憾珠峰 by 新華網5/15

今シーズンのチョモランマ北稜、ノースコルに例年にはない大クレバスがあり、ハシゴで渡るなど面倒になっています。
この中国隊、派遣母体は不明ですが、以前当ブログで取り上げた広西省の「漂亮」(美人)登山家・羅麗莉女史は8680mまで到達しました。
おそらく第2ステップで退却ということでしょう。

Img241218779羅麗莉女史

やたらと「漂亮」(美人)登山家として取り上げられている彼女、漢族女性として最高高度到達を記録。
中国では困難なルートを目指す登山よりも「登頂第1主義」がもてはやされているとはいえ、高所能力に長けたチベット人以外の国民による、中国の高所登山の礎となる成果でしょう。
羅麗莉女史の不調の原因として、メディアはこう記しています。

据隊医話是生理問題。(隊のドクターによれば、生理問題である)

日本語も中国語も、生理は「生理」と表記します。
昔、エベレスト無酸素登頂を期待された日本の某女性登山家も、登頂を阻んだのは頂上アタック直前に始まった生理でした。
男性とはまた異なる困難を抱えているのだなと認識させられます。

今シーズン、8848mを目指す人々が皆、無事にかえってきますように。

|

« ココアですよ、ココア。 | トップページ | カエル »

expedition」カテゴリの記事

コメント

初めての2泊3日の縦走
上記と同様の理由で私は非常にへろへろでした

生まれてはじめて持つ大荷物とはじめての高さと距離
ハンデばかりなのにかつこれか。。汗とつらかったです

リーダーは年下の独身くそまじめな男の子
こういった事情を相談して対処できるタイプには思えないので(失礼)ひたすら耐えましたが、やはり一番いいのは不調のときはゆるく。だめなら行かない。も必要だなとおもいました。
苦笑

投稿: POP | 2006.05.16 23:55

す、すみません。
返事を考えてるうちに19日の記事の題材にとりあげてしまいました。

<<くそまじめな男
う、そんなにマジメじゃないけど耳が痛い。
資料を読んでて驚いたんですが、登山のために生理を抑制する薬を服用される方っているんでしょうか。
POP様のように、不調のときはゆるくダメなら行かないという自然体の方がいいように思ったのですが・・・
普段の山行で性差はあまり意識しないけど、ツアー山行の下見には中高年女性の「お花詰み」の場所など結構気を遣います。

投稿: 聖母峰 | 2006.05.18 19:58

スポーツやってたころは大事な試合や合宿にぶつからないようにずらす薬をのんだりしましたが。。汗
明らかに体調が狂うのでよくないなあ。とおもいます。
試合中や登山中ってのはもちろんよくない。
やはり過ぎ去るのを待つほうが、現実的ですよね。


耳が痛い??笑
そんなことないとおもったんだけどなあ。
実はまだ「花摘み」経験のないワタクシ。
テン泊縦走でも、山荘とかまでいけば何とかなるし
雪山訓練のときも結局下山ぎりぎりまで我慢しちゃった
我慢強いのも考え物か??
トイレに行きたいとおもい始めたら汗をかくように
急いで走ってしまうとよいかと考えました。

ローインパクトの観点から携帯トイレの話題になるので
ポンチョ買おうかなあと真剣に検討してます。苦笑
引率って大変ですよね。
おばちゃんパワーに負けず頑張ってください。笑

投稿: POP | 2006.05.18 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登頂シーズン、来る。:

« ココアですよ、ココア。 | トップページ | カエル »