« エベレストは『死の地帯』であり続けるか | トップページ | おいでませパキスタン »

山も、仕事も

あなたの叫びは、誰にも聞こえない。
というホラー映画並の書き出しで、コロラド・ブラックキャニオンでのクライミング事故が報道されています。
アメリカの新聞記事って、こういうクサい書き出し多いような。

Climber Self Rescues After Breaking Leg In Black Canyon by Denverchannel.com5/22

クレイグ・スミス21歳は、今夏のエルキャピタン登攀めざして、従兄とコロラド州・ブラックキャニオンでクライミング中に転落、右足を骨折。
しかし、そこは誰か来るような場所ではありませんでした。
高温の中、ツタウルシを避けるため雨具を着込んで這い上がること8時間、水無しで脱出を計ること17時間かけて車にたどり着きました。
 徹夜で脱出を試み、見上げた夜明けは最高に美しかったとのこと。
 ちなみに、怪我が完治後、彼らは懲りずにエルキャピタンに向かうそうです。

 転落→高温地獄の藪の中を這いずり回る

 まるで今の私の抱えている仕事そのまんまです。
 ためになるお話、ほんとうにありがとうございました。(棒読み)

|

« エベレストは『死の地帯』であり続けるか | トップページ | おいでませパキスタン »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/10201925

この記事へのトラックバック一覧です: 山も、仕事も:

« エベレストは『死の地帯』であり続けるか | トップページ | おいでませパキスタン »