« きょうの、きたちょうせん。 | トップページ | 今日のおしごと。 »

ブナの森は緑のダム―森林の研究

子供達が寝静まったところで、たまった本を読む。
まずは、元警視庁幹部が書いた、ハンガリー動乱以降の現代史を軸とした、危機管理本。
山の世界、労山はじめ左翼偏向勢力が多いから理論武装しなくちゃ。

それから、山形の写真家・太田威氏の著書「ブナの森は緑のダム―森林の研究」を読む。

05372601_1

内容は子供向けにブナ林を扱った本である。
ブナの本といえば白神や信州を扱ったものが多いのだが、これは月山・庄内側のブナ林を扱ったもの。
ブナ林といっても地域差があるわけで、やはり地元を取材対象とした本はインタープリターの参考になる。
子供向けと言っても内容は詳しく、生態学的な面だけでなく、社会学的な話題にも及ぶ。
水文学的なデータがアメリカや他地域の調査事例を引用しているのは少し苦しいが、非常にまとまった良書である。

 今日は東京の旅行社様からガイド依頼の電話をいただく。
 あいにく、その日はもう予定が入っており泣く泣くお断り。
 今夏もドタバタ日程の予感。
 子供から離れて、ゆっくり図書館で過ごす時間も遠のきそうだ。

|

« きょうの、きたちょうせん。 | トップページ | 今日のおしごと。 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/10415109

この記事へのトラックバック一覧です: ブナの森は緑のダム―森林の研究:

« きょうの、きたちょうせん。 | トップページ | 今日のおしごと。 »