« K2にて雪崩・4名不明 | トップページ | 夏休み・・・・ »

環境のお仕事。

二つ目の出張を終え、名古屋と併せて延べ三週間ぶりに我が家へ。
1歳の息子、父親の顔を忘れているらしい。
しばらく私の顔を凝視した後、プイと横を向く・・・_| ̄|○

今回の福島のお仕事は、某製造メーカー工場の土壌・地下水汚染対策のため、地中に薬剤を注入するというお仕事。もちろんリストラ寸前社員の私は雑用要員である。

200505171a5295f6あるときは太陽に焼かれ

4988005292285あるときは突然の豪雨に体を濡らし

地面を相手にまる一週間を過ごす。
そんな中で考えていたこと。
昔、3泊4日の日本野鳥の会レンジャー養成課程を受講していたとき。
参加者は将来環境関係の仕事につきたいという若者が多く、そのためにわざわざ野鳥の会幹部に相談する時間というのも設けられていた。

あのとき、環境を学びたい、環境の仕事につきたい、と意気に燃えていた学生さん達は、今頃どうしているのだろう・・・そんなことを時折想いながら、思いっきり汗くさいゴム手袋を外して休憩したりするのだった。
ネットで検索すると、現在、環境の仕事に就きたいという若者は、環境省など省庁を目指す傾向にあるようだ。
勉強して試験に合格して、空調の効いた部屋で机上の空論を振りかざして莫大な退職金と天下り先を確保して一生安泰の道を模索するのも、またよし。

私はたまたま成り行きで土壌・地下水汚染対策に関連した仕事に従事している。
どちらかといえば、目的意識は「妻子を喰わせていくため、山を続けていくため」にある。
あの頃環境保全に将来の夢を見ていた若い子たちはどうしているのだろう・・・
今日は土曜日。会社には出勤者もほとんどいない、静かな日。
そんな事を考えながら、機械整備に汗を流す。

|

« K2にて雪崩・4名不明 | トップページ | 夏休み・・・・ »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/11509610

この記事へのトラックバック一覧です: 環境のお仕事。:

« K2にて雪崩・4名不明 | トップページ | 夏休み・・・・ »