« 迷うインタープリター 歴史は世代を越えられるのか | トップページ | その登山用品、不適切につき。 »

街角で

銀行立ち並ぶ金融街、野村證券の店頭にて。

060814_192501

資本主義国家においてその必要性は認めるものの、私は基本的に証券会社はヤクザな商売だと考えておりますが。
たぶん広告会社の人間が作製したんでしょうが、やはりこの山は人に訴えるものがあるのでしょうか。
ちなみに、写真家藤田弘基氏の撮影です。

|

« 迷うインタープリター 歴史は世代を越えられるのか | トップページ | その登山用品、不適切につき。 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/11442546

この記事へのトラックバック一覧です: 街角で:

« 迷うインタープリター 歴史は世代を越えられるのか | トップページ | その登山用品、不適切につき。 »