« だんじょの仲はむずかしき哉。 | トップページ | 別れの挨拶 »

贅沢

登山口から、見事なブナ林の谷筋を歩くこと約3時間。

060827_074801_1

鏡のような水面が現れます。
朝日連峰の大鳥池。
タキタロウ小屋(大鳥小屋)のベンチでぼんやり、大鳥池を眺めて過ごしました。
ツアー登山のお客様にも、この静寂と安らぎを分けてあげたい。
何とかヒルズの住人のように贅沢な出費はできませんが。
ここでは、誰でも贅沢な時間を送ることができます。


060827_084301_1

桑の実がたくさん実っていました。
桑の実は「夏」の季語。
山の秋を目前に、夏の名残でしょうか。

|

« だんじょの仲はむずかしき哉。 | トップページ | 別れの挨拶 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

シュテキ。。。

最高の贅沢な瞬間

赤岳ー横岳ー硫黄岳を縦走してきました。
硫黄岳のコマクサの群生にため息。
もっとすばらしいものがまだまだ沢山あるんだろうなー

投稿: POP | 2006.08.28 06:32

無雪期の八ツは経験がないのですが、コマクサ咲いてるんですね。いいなあー。
赤岳から下りる途中、人懐こいカモシカにばったり出くわした思い出があり、私には自然豊かなところというイメージが大きいです。

投稿: 聖母峰 | 2006.08.28 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/11629124

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢:

« だんじょの仲はむずかしき哉。 | トップページ | 別れの挨拶 »