« アメリカのヴィア・フェラータ施設で死亡事故 | トップページ | 高校野球という不思議な世界 »

時には、金なり

誕生日を終えて4歳になった娘。
最近カネにうるさい。
「しゅわしゅわ(炭酸飲料)飲みたい~」
と自販機の前でせがむのだが。
自分の財布に10円と1円しか入ってないと、
「ぜろ二つのおかね無いよう」
と、100円を欲しがるのである。
なるほど、子供はこうして貨幣価値を学んでいくのだなあ・・・と感心しながら見守る。

先日、妻が自販機でジュースをねだる娘に、
「今日はお金ないからジュース駄目。」
と言った。
娘いわく、
「あのね、おかねが無いなら、
060503goto02
銀 行 で も ら え る ん だ よ 。」
と答えたらしい。

ATMで現金が出てくることは知っていても、
金融の仕組みは理解していない我が娘です。

|

« アメリカのヴィア・フェラータ施設で死亡事故 | トップページ | 高校野球という不思議な世界 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12060477

この記事へのトラックバック一覧です: 時には、金なり:

« アメリカのヴィア・フェラータ施設で死亡事故 | トップページ | 高校野球という不思議な世界 »