« モンブラン、入山制限導入か? | トップページ | アメリカのヴィア・フェラータ施設で死亡事故 »

【今日はなんの日っふっふー】 ドゥーガル・ハストンの日。

イギリスのヘラルド紙がドゥーガル・ハストンを記事にしている。
そんな有名人なのか・・・と思いきや、1975年の今日、イギリス隊がエベレスト南西壁から登頂に成功した日でした。

The Archive: the first scot to conquer everest by Herald & Times9/25

エベレストに登った初の英国人、そして初のスコットランド人、ドゥーガル・ハストン。
性格悪そうなクライマーが揃うイギリスの登山家でも、私の憧れの登山家であります。
73年のエベレスト南西壁国際隊では、トップを譲らなかったとしてメチャメチャ英国人が叩かれてますが(特にドン・ウィランス)、ハストンについては寡黙に頂上を狙う人物として描かれています。
デナリ南壁で凍傷のため登攀意欲が失せかけているダグ・スコットに向かって「もう登れないのか?」と詰問したという・・・
実際そばにいれば、すんごいヤな奴そうですが、クライマーとしてのその姿勢に惹かれるものがあります。

22293l
ドゥーガル・ハストン画像。
ネットで検索してもあまりハストンの良いポートレートって無いですね。
昔の岩雪特集に載っていた、上から見下ろす表情の顔写真は、迫力とその生涯の「影」のようなものを示唆していて素晴らしいポートレートだと思います。

_38542409_everest_238
南西壁を詰めるハストン

ハストン、私生活は御乱行があったようで記事中にもこのことは言及されていますが、77年、スキー中の雪崩事故で亡くなってしまいます。享年37歳。
記事によれば、彼の記念碑は山ではなく、子供の頃よじ登った鉄道陸橋に飾られているそうです。

|

« モンブラン、入山制限導入か? | トップページ | アメリカのヴィア・フェラータ施設で死亡事故 »

expedition」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【今日はなんの日っふっふー】 ドゥーガル・ハストンの日。:

« モンブラン、入山制限導入か? | トップページ | アメリカのヴィア・フェラータ施設で死亡事故 »