« 小松由佳しょっく。 | トップページ | 野の花 »

山は秋

今日は娘に付き添いの妻と交代するため、病院で過ごす予定。
その前に山に行くことにする。
5時起床、今秋受験の資格試験要綱など読みながら朝食。
6時発、自宅から車で30分ほどで、そこは北蔵王連峰の稜線、笹谷峠となる。
標高1000mに満たないが風が強く、森林限界より上に位置し、特に眺めがよい。
気象情報では今日も晴天。
多くの人々が山形の山を楽しむことだろう。
それを思うと、自分まで何だか嬉しい気がする。

4_1
峠の手前の水場で車を停める。
笹谷に来たときは、必ずここで水を飲むのが習慣だ。
厳冬期も水は枯れず、この一帯の花崗岩から湧き出ているのではと私は推測している。
峠地下を通る笹谷トンネル掘削時、地質学関係者で掘削現場の最先端を見学する機会があった。
花崗岩のクラックから湧水がとめどなく湧き出していた。
基盤岩のクラックも、クラックから湧き出る地下水も、あくまで地質学の自然現象であり人間の主観など知ったことではない。
しかしこうして乾いた喉を潤す水場、「自然の恵み」と考えさせられる。
県外から来られる方の記録を読むと、この水場の存在を知らず素通りする方が多いようだが、少し残念である。

笹谷から最初のピーク、前山を1時間かけて往復。
2_3
すぐ手の届きそうな山形神室、またの機会にしよう。

盛夏にはむせかえるような香り漂うユリが咲き乱れる前山、今は目立つ花は見当たらない。
ひっそりと、

3_3
ヤマホトトギスが立体的な花を開いている。

1_2
一株だけ、カワラナデシコも咲いてました。秋の七草。

今日の山はこれでおしまい。
出張中は膝を癒し、今秋の山行に備えることにする。
8時には自宅に戻り、入浴と身支度を整えて、妻と娘がいる病院へ向かう。

|

« 小松由佳しょっく。 | トップページ | 野の花 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

通勤時間と同じくらいのところにすばらしい山があるなんて、「理想郷」ですね。
花崗岩から湧き出る水、立山室堂の湧き水を思い出します。どんなご馳走よりもおいしい。
私の職場の前庭でも萩が咲き始めました。
ヒザも家族もお大事に。

投稿: かもめ | 2006.09.02 22:15

まあ、萩ですか。
まだ日中は暑いですが、朝晩は冷え込むようになりました。
今度出張から戻る頃には、彼岸花が咲く頃でしょうか・・・

投稿: 聖母峰 | 2006.09.04 20:21

はまぐり山ですか?
山形神室~仙台神室、いい山ですよね。
私も大好きです。

途中の道路沿いの数箇所ある水場、私は帰りしなに汲むことが多いです。

投稿: やま・ゆり | 2006.09.06 01:30

re:やま・ゆり様
遅レスですみません。
私も以前ジジババのお茶用に汲んでいっておりました。

投稿: 聖母峰 | 2006.09.23 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/11730285

この記事へのトラックバック一覧です: 山は秋:

« 小松由佳しょっく。 | トップページ | 野の花 »