« 北鎌尾根 | トップページ | 主婦は偉大なり ジュリー・チュリス、その生涯 »

ドラマ『LOST』出演女優エバンジェリン・リリー、登山での恐怖体験を語る。

リリー語る:『もう少しで死ぬとこでした。』

Lily: 'I almost died this year' by Irish Examiner, Ireland 10/6

記事引用開始
ドラマ『Lost』出演女優リリーは、出身地カナダのベーカー山を登っていました。
米国のテレビ番組での証言
「人には話さなかったことなんですが、山で本当に怖いめに遭いました。その登山で死にかけたのよ。 (中略) 頂上にはたどりついたけど、そんなに楽しめなかったわ。下山時にお尻で滑っていった時に、私はクレバスに向かって滑落してったんです。 (中略) 私の体はたまたま偶然、そこにあったスノーブリッジに落ちて、宙づりになりました。もう少しで死ぬところでした。」
記事引用おわり

日本でも放映されているらしい『Lost』という番組に出演している女優エバンジェリン・リリー。
私は最近テレビみてないのでドラマも彼女も知らないのですが、ネットで検索するとこんな綺麗な人みたいです。↓

Evangelinelilly_1

Evangeline_lillypreview

んで問題のべーカー山、結構な雪山です↓
Mt20baker_1

本当に助かって何よりでした。
登山では、美人にもそうでない人にも、死は平等に訪れる。
しかし、女性登山者の美人とそうでない人の比率を考えるとホントに平等?
う~む・・・・
触れてはいけない話題に踏み込んだ気がする。

|

« 北鎌尾根 | トップページ | 主婦は偉大なり ジュリー・チュリス、その生涯 »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

ふふふ
登山ばっかりやってる女
たしかにかっこいいのがいないんだよなあー

しなやかでちとステキ。ってのはフリークライミングではみかけますが、登山ジャンルになると一挙に下降。

なんとかの法則ができないうちに登山会やってるアホたれなうんちくをたれてるどっかのだれか!笑
山岳会存亡の危機を憂うなら、若者がきたいと思うようなステキなオトナになってみろよーー笑ってな感じでみております。

なんだか下界とかけ離れすぎちゃう感覚なのかなあ?
おだてたりしすぎな雰囲気もあるから忘れてしまった大切ななにかを振り返るようにぐさっという人が回りにいないのもある意味不幸だよな。汗

投稿: POP | 2006.10.08 23:43

re:pop様
<<登山ジャンルになると一挙に下降。
んー、私の周りにはバリバリテキパキの中高年女性ハイカーも多いんですが・・・

 たまたま宿の浴場で一緒になった他山岳会の中高年の方が「会はこうあるべきだ」「会はこうしたいんだ」と、温泉より熱い議論を戦わせてましたが・・・
 やっぱり「人」ですよネ。

投稿: 聖母峰 | 2006.10.09 08:59

会よりまずは、人だろ。
ってつくづく思いました。

前から組織論の議論ほどくだらないものはないと思っていました。何が大事か。人あってこその組織で、組織のために生きてる人間なんて本質的にはない。

なのにその議論で傷つけあってるあほたれをみると、最近けとばしてやりたくなる心境から「ぼけたのか」と思う新きゅにいたるようになりました。

投稿: POP | 2006.10.09 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12170347

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『LOST』出演女優エバンジェリン・リリー、登山での恐怖体験を語る。:

« 北鎌尾根 | トップページ | 主婦は偉大なり ジュリー・チュリス、その生涯 »