« 夫婦の会話 | トップページ | 晩秋の月山 »

社民党のウスラバカ党首・福島瑞穂、拉致問題で今日も正常運転

私の住む山形県、なぜか民主党や社民党を盲目的に支持するウスラトンチキが多いんですが。
ところで、日本政府も北朝鮮向け短波放送に向け、ようやく重い腰をあげたところ・・・

<NHK放送命令>総務相の拉致放送要請に波紋 懸念の声も by毎日新聞10/13

菅義偉総務相が、NHKの短波ラジオ国際放送で、
拉致問題を重点的に取り上げるよう命令することを
検討する考えを示したことが波紋を広げている。
放送法の規定に基づくものだが、過去に個別の政策で命令した例はない。
NHKの国際放送をめぐっては、国策協力の強要につながると懸念する声があり、識者からは批判が出ている。
(中略)
これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は
「報道の自由、表現の自由を重視しなければならない。何でも(放送の)中身に介入できることになり、たいへん恐ろしい話だ」と批判。
社民党の福島瑞穂党首も「NHKの自主性、自律性を損なうことがあってはならない」とコメントした。
(省略)
以上記事引用おわり 

さて、私は福島瑞穂女史のウェブサイトは欠かさず拝読しております。
「人権派」弁護士でもある福島女史のサイトを拝読して気がつくのは、北朝鮮拉致問題についての言及が異常なまでに少ないところ。
数少ないコメントととして、次の日記があります。
以下引用開始
福島みずほの国会日記2005年11月 

11月18日(金)
有楽町マリオンで開かれた、横田めぐみさんの写真展に行く。
お父さんの横田滋さんが招待状を持ってきて下さったので、見に行った。

小さいときからの、いろんな写真があって、ほほえましい写真がいっぱいあった。
本当に温かい家庭の中でめぐみさんが育っていたことを痛感した。

私も娘がいるので、子どもが忽然といなくなったときのショックや、悲しみ、怒りを十分に理解できる。
来月中国に行く予定だが、あらゆる機会に、問題の解決を訴えて行きたい。
(以下省略)
以上引用おわり

あらゆる機会に、問題の解決を訴えて行きたい。
あ ら ゆ る 機 会 に 、 問 題 の 解 決 を 訴 え て 行 き た い 。
と、語っている人が な ぜ か 「NHKの自主性、自律性を損なうことがあってはならない」
と、国会で発言するわけですね。
左翼ウォッチャーの私としては、拉致被害者の人権よりも反対野党の面子を大事にする福島瑞穂女史の活躍に乞うご期待でございます。

|

« 夫婦の会話 | トップページ | 晩秋の月山 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12302719

この記事へのトラックバック一覧です: 社民党のウスラバカ党首・福島瑞穂、拉致問題で今日も正常運転:

« 夫婦の会話 | トップページ | 晩秋の月山 »