« ナンパ・ラにて人民解放軍、チベット難民に発砲か? | トップページ | サトウキビ代替燃料に未来はあるのか NHKスペシャル「格差と戦うブラジル」を見て »

毎日新聞の二枚舌、牧太郎氏を嗤う

据え膳喰わぬは男の恥!!
不倫は文化!!(by 石田純一)
バカマスゴミの筆頭、毎日新聞が爆走してます!

大きな声では言えないが:「通信の秘密」は今 牧太郎 by 毎日新聞10/3

売日はすぐリンク切れになるので以下記事引用
 「街灯のともる路地で××議員の手が……熱いキスは5秒ほど続いた」というコメント付きで、女性キャスターとの熱愛シーンを写真誌にスクープされたイケメン議員。慌てて「不徳のいたすところ」と党役職の進退伺を出したそうだが、それほど大げさな話?
 奥方が亭主の不倫に腹を立てるのは至極当然。不倫は決して褒められたことではないが、赤の他人にとやかく言われる筋合いはない。これは極めてプライバシーの問題。取材する相手に「あなた方もジャーナリストなら、政治家の巨悪を追及したらいかが」と笑って皮肉でも言えば良いのに。
 記事引用おわり

全国の政治家の皆さん、今日から晴れてマスゴミ公認で愛人とやりまくり放題、おめでとうございますっ!!
マスゴミの皆さんも政治家の不倫問題は生暖かく見守って下さいね。

ところで、このコラムの筆者の牧太郎を検索してみると・・・

ウィキペディアより引用
牧 太郎(まき たろう、男性、1944年(昭和19年)10月10日~)は、日本の新聞記者、ジャーナリストである。東京都日本橋区(現:中央区)出身。
毎日新聞に入社、記者として活動。社会部、政治部を経てサンデー毎日編集長に就任後は、宇野宗佑首相の女性スキャンダルや、オウム真理教の問題を取り上げるなど活躍するも、脳卒中を患い、半身麻痺、失語症を経験。療養後、編集委員として復帰。以降、毎日新聞をはじめ、雑誌など連載を多数抱える。
以上引用おわり

あれ?
宇野首相の女性スキャンダルで活躍ですか。ああそうですか。(棒読み)

|

« ナンパ・ラにて人民解放軍、チベット難民に発砲か? | トップページ | サトウキビ代替燃料に未来はあるのか NHKスペシャル「格差と戦うブラジル」を見て »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12133497

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞の二枚舌、牧太郎氏を嗤う:

« ナンパ・ラにて人民解放軍、チベット難民に発砲か? | トップページ | サトウキビ代替燃料に未来はあるのか NHKスペシャル「格差と戦うブラジル」を見て »