« 主婦は偉大なり ジュリー・チュリス、その生涯 | トップページ | 里山ガイドって »

同じ「主婦」でも

ブログ公開する以上、不特定多数の多くの方々がご覧になっているのは承知ですが、汚い表現ですみません。
いいかげんアホの民主党もこの ク ソ 婆 止めてくれ!

衆院予算委で安倍、真紀子対決 by 産経新聞10/6

金正日のドラ息子をさっさと国外退去させた本人が何を言ってるんだか。
熱くなると恥知らず婆と同レベルになるので、冷静に田中真紀子女史の発言をふりかえってみましょー。

「拉致疑惑があるからけしからんという意見もあるが、(食糧支援は)50万トンと言わず、100万トンでも出した方がいい。政治はタイミングだ。ベストと思うときにどんどんやるべきだ」
平成13年5月18日衆院外務委員会

「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか?その辺のところを蓮池何とか(=透、被害者の薫さんの兄)さんはよく考えてください。」
「(被害者に)耳触りのいいことを言うべきではない」「(帰国した5人の拉致被害者の)家族の国籍は国際法上は北朝鮮籍。外務省も知っているはず。(日本帰国は)難しいとはっきり言うべき」
平成15年10月31日、佐渡において行った藤島正之候補の応援演説

佐渡の演説について、拉致被害者家族連絡会と北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会は田中真紀子事務所に抗議したが、一切回答していない。
                                                                                                                                      
私、口下手であるがゆえに、いくばくかでも参考になるかと思い、田中角栄氏に関する著書を読み漁ったことがあります。
角栄氏のスピーチの素晴らしいところは、人の心をうつところ。
しかし今までメディアに登場する「真紀子節」とやらに共感できる点は全く見あたりません。
愚痴と何か違うわけ?
たまに街頭インタビューで聞こえる「同じ女性だから」っていう理由で田中真紀子とか福島瑞穂とか辻元清美とか支持するのはいいかげんやめませんか、賢明な女性有権者の皆さん。

|

« 主婦は偉大なり ジュリー・チュリス、その生涯 | トップページ | 里山ガイドって »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

コメント

 個人的意見ですが、女性であっても私は真紀子さんを支持しません。それは男女を問う以前に、議員として人としての品性人格に疑問を感じるからです。この人を国会におくった地元の方々の品格も同様に考えてます。
 さて、富士山も雪化粧を始める頃となりました。早速、奥穂高と白馬で遭難のニュースです。特に白馬はガイドが2名いながら死者が出ていますね。こうしたニュースを聞くたび「自らの判断力はないのか?」と考えてしまうのです。ツエルトやサバイバルシートなどの装備以前に、「ついて行けない」と思ったら、下山or引き返すなどを申し出るくらいのことはできないのかと。
 小屋は避難場所になりますが、救助隊ではありません。登山は自分の判断力や決断が試される世界だと理解してますけど。

投稿: かもめ | 2006.10.08 10:17

re:かもめ様
やはり女性ならではの視点というのもあると思うので、女性議員に期待するところは大きいのですが・・・罵詈雑言を並べ立てることイコール男性に負けないことなのか、マスコミの報道ぶりは疑問です。

 テレビでも富士山真っ白でしたね。
 今回も痛ましい事故が起きてしまいました。
 報道で知ったその時、まさに私も似た状況で頭悩ませておりました。これは別記事にて・・・。

投稿: 聖母峰 | 2006.10.09 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12173654

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ「主婦」でも:

» 真紀子節全開!? [pacyの危ない天使]
政界きっての“毒舌女王”田中真紀子元外相(62)が6日、衆院予算委員会で 質問に立ち、安倍晋三首相(52)にかみついた。この2人、平成5年衆院選で 初当選の“同期の桜”だが、かたや高支持率の宰相に対し、こなた外相更迭に 議員辞職の憂き目…と大きく水を開けられている状況。田中氏は得意の“真紀子節”で 北朝鮮の拉致問題などを取り上げ激しく口撃、クールな安倍首相が珍しく気色ばむ 場面もあった。平成14年... [続きを読む]

受信: 2006.10.07 08:24

« 主婦は偉大なり ジュリー・チュリス、その生涯 | トップページ | 里山ガイドって »