« 休日、快晴。 | トップページ | 強盗天国、寄付金天国 »

御影森・上倉山へ

しがない兼業ガイド、各社のツアー登山プログラムが終わる10月末から雪が降り出す11月始めのわずかな期間は、「自分の山」に行ける期間となる。

 飯豊連峰山麓に、倉手山という山がある。
 標高1000mに満たない山だが、頂上からの飯豊連峰の大パノラマが素晴らしい山で、最近は旅行社もツアーを組んでいる程に人気がある。
 朝日連峰にも同様に、手頃で眺望が良い山を見出すことはできないか。
 月山朝日ガイド協会に入ってから、それが私の考えていたことだった。
 
 朝日鉱泉から大朝日岳に至る御影森コースには幾つかのピークがある。
 そこの眺望を確認すべく足を向ける。
 御影森コースには二カ所の吊り橋があり、11月始めには橋板が撤去されてしまう。機会は今日しかない。
 
061029_071701登山口は紅葉真っ盛りでしたが・・・

061029_074601
主稜線はもう落葉して山肌は灰色、「もう雪の季節じゃけ、覚悟しいや」(岩下志摩風)といいたげに大朝日岳は雲に隠れている。
小朝日岳(右のピーク)は意外と堂々としている。

061029_121201
一時は雨がぱらついたが、おおむね日光が差して日差しは強い。
鉛筆ほどの太さの、ヤマカガシの幼蛇くんもひなたぼっこ。

061029_083602
伐採された枝の切り口から新芽が・・・
ぼくの人生も、かくありたい。

061029_124401
下山時、朝日鉱泉下から振り向くと、大朝日岳がピラミダルな姿を表していた。
大朝日岳に至るコース、私は個人的に古寺コースを好むのだか、鋭峰として見えるのは、やはり朝日鉱泉ならではの風景である。

帰路はリンゴ温泉に立ち寄る。
半日で登れるコースで、帰りは蕎麦と温泉・・・などと来季の企画をついつい考えてしまう。
自分の山に行くつもりが、結局ガイド山行のプランニングに一日を費やすのであった。

|

« 休日、快晴。 | トップページ | 強盗天国、寄付金天国 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

ステキ
来年ぜひ行きます!七時半始業な私はヘロヘロですが、目先すものがあれば頑張っていけそうです~!涙

投稿: POP | 2006.10.30 09:45

 朝日鉱泉までは車が入るのですね。便利になりました。峠越えが多いのでヤワな車ではきついかな? 南アルプスの奥にも4駆+ガソリン予備がないと帰れないところがありますけど。根性なしなので、天気次第、気分次第で、山のお散歩と温泉で済ませてしまいます。(^^; 
 チベットの銃撃事件は藤原新也氏(作家)のHPでも紹介されていました。世界中からの反響があったようです。

投稿: かもめ | 2006.10.30 11:16

re:pop様
 ええっ!
 地方都市の建設会社のウチでさえ8:15始業(朝礼開始)なのですが・・・ただし8時前に出社してないと会長の機嫌悪いケド。
 目指すもの目指してお互いがんばりましょう。

re:かもめ様
 実は朝日鉱泉側は久しぶりだったのですが、林道の状態も良くなっておりました。
<<根性なしなので、天気次第、気分次第で、山のお散歩と温泉で済ませてしまいます。(^^;
でもそれが一番だと思います。「根性なし」ではなくて「余裕がある」ことだと思います。風雨の中でツアーのお客様を連れていくとき、ホントに山を楽しんでくれているのかなあ・・・と我ながら気になります。

 チベットの件、ちょうど安部首相の訪中と重なっていたので日本の大マスコミは大きく取り上げないだろうと予想してましたが、2ちゃんねる他ネットで広がりましたね。
 中国当局の姿勢はまず変わらないでしょうが、登山界から何の反応も無いのも、ちょっと不満に思ってます。

投稿: 聖母峰 | 2006.10.30 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12484333

この記事へのトラックバック一覧です: 御影森・上倉山へ:

« 休日、快晴。 | トップページ | 強盗天国、寄付金天国 »