« 【速報】トッド・スキナー事故死 | トップページ | 青い鳥はどこにいるのやら »

トッド・スキナーの死因、装備に問題か

アメリカのメディアではトッド・スキナーの事故死でもちきり。
日本のメディアも珍しく、「ロッククライミングの第一人者」の事故死としてベタ記事ながら各紙が取り上げているようです。
転落の原因については公園当局は調査中としながら、アメリカメディアではAP通信発の報道が各紙に流れているようです。

Faulty equipment may have led to climber's death by ESPEN.com10/25

Why did he fall?  by The Casper Star Tribune 10/26

記事引用開始

 ロープをつけている彼のハーネスのリングが壊れ、彼は落ちました。と、親友のポール・ピアナは証言しました。彼はスキナーのクライミングパートナー、ジム・ヒューイットから電話を受けました。
 「ジムはいくつかギアがすり切れていたと私に話しました。本当に悲劇的な事態となりました。」と、Pianaは証言します
(中略)
 「できれば、自分の命を一つのギアに託すなんて事はしませんが、時にはそうせざるをえないことがあります。」と、クライマーでありパタゴニア社オーナーのイボン・シュイナードは証言します。「トッドは常に正確な動作をしていましたが、ストラップが壊れたという事実はかなり衝撃的です。」

記事引用おわり

なお、ヨセミテ公園のスポークスマンは、転落の原因として装備に問題があったか言及するには、今の段階ではまだ早いとコメントしています。
今回の事故の原因から、クライミングに潜在する危険を学び、生かすことが、亡くなったベテラン・クライマーへのせめてものはなむけでしょう。

|

« 【速報】トッド・スキナー事故死 | トップページ | 青い鳥はどこにいるのやら »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

懸垂下降のプルージック確保をしていなかったと云う事でしょうか。さもなくばハーネスの力点が壊れてもハーネスが付いている限り転落は防げますね。

それにしても懸垂の支点が飛ぶ事故は多くても、ハーネスの破壊は大変珍しいように思います。それも用具にも拘るプロフェッショナルが遭遇するとは殆ど考えられないです。

なんとも不思議な事故です。

投稿: pfaelzerwein | 2006.10.27 18:12

懸垂中の事故といえば、おおよそ原因に支点が関わっていて、多くの技術本でも支点についての記載が多いのですが・・・
メディアの情報を調べる限りでは、何らかのギアにトラブルがあったようで、この問題は尾を引くような気がします。

投稿: 聖母峰 | 2006.10.28 05:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12445426

この記事へのトラックバック一覧です: トッド・スキナーの死因、装備に問題か:

» トッド・スキナー氏墜落死 [雑多なこけ]
アメリカのクライマー、トッド・スキナーがヨセミテ公園で墜落死したそうだ。エル・キャピタンのサラテをフリー化したことで知られる。どんなアクシデントがあったのだろう。あれだけ緊張を強いられた彼だからこそ、日常的な些細なミスが命取りになったのではと想像してしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2006.10.27 23:21

« 【速報】トッド・スキナー事故死 | トップページ | 青い鳥はどこにいるのやら »