« 素敵な結婚式に出る | トップページ | 山は誰のもの »

或るフリーソロ・クライマー ~NYタイムス紙の見識を賞賛する~

バカマスゴミの記事には「決まり文句」というものがあります。
地元・山形新聞でいえば、何か流行り事があると「○○のメッカ」という表現が必ず出てくる・・・おまえらムスリムの集団なのか?
一般マスコミにおいて、クライマーはたいてい「クモ男」と書かれています。
まるで幼児番組の敵役ですな。
しかも日本だけでなく欧米の記事でもよく「spider man」の見出しが目に付きます。
ははは、クライマーって「私高尚な登山してますわよ」って偉そうにしてるけど虫けら同然の扱いだね。
さて、The NewYorkTimes紙といえば、反日記事を書きまくるキチガイ記者ノリミツ・オオニシが在籍していることで知られている左巻き新聞ですが、あるフリーソロ・クライマーに関する良質な記事が掲載されてました。

Free-Solo Climber Prefers the Unencumbered Ascent by TheNewYorkTimes 11/18
(クライミングの画像付き)

記事中では淡々とクライミングについて述べ、こんなくだりがあります。

In rock climbing, simply reaching the top is not enough. Style is everything; the free soloing that Reardon has mastered is considered by some to be the purest and highest form of climbing.
(クライミングにおいて、単にのぼりきることは、十分ではありません。スタイルがすべてです。リアドン(記事に取り上げられているクライマー)が熟達したフリーソロは、最も純粋で最高のスタイルであると考えられています)

すげー。
Style is everything ときたもんだ。
一般紙にもクライミング誌なみの見識の記事が載っている。
「クライミングは文化」なんつー言葉は、一部の偉~いクライマーのセンセイ方が唱えているにも関わらず、一般マスゴミにはなかなか理解されていないのが現状ですが。
キチガイ記者ノリミツ・オオニシが在籍する左巻きNYタイムス紙もいい記事書くのう。
セブンサミットあたりでバカ騒ぎする日本のマスゴミも少しは見習ってほしいものです。

追記:
記事中の
During climbs, he is connected only to an iPod loaded with Kid Rock and Hank Williams Jr. tunes.
が格好ええのう。

|

« 素敵な結婚式に出る | トップページ | 山は誰のもの »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21370/12739427

この記事へのトラックバック一覧です: 或るフリーソロ・クライマー ~NYタイムス紙の見識を賞賛する~:

« 素敵な結婚式に出る | トップページ | 山は誰のもの »